« 家の紅葉 | Main | ドヴォルザーク 糸杉 »

December 11, 2005

チャイコフスキー くるみ割り人形

Nutcracker12月恒例の曲。あちこちで「第九」「大工」とうるさいけれどクリスマスまでは必ず「くるみ割り人形」を聴くことにしている。アンドレ・プレヴィン、ロイヤルフィルの全曲版。全曲版のお目当ては1幕が終わって2幕へ移る時の「雪のワルツ」と花のワルツの後の「パ・ド・ドゥ」。レコ芸で管弦楽を担当されていたS氏がいつも絶賛していたがこれらを聴くとチャイコフスキーが根っからのロマんティストだったということに心から同感する。ほぼ20年前の録音で平成になった時に買った記憶があるけれど2枚組で6600円だった。今ならブルックナーの全集が買える。年に1度聴くのにはもったいないというべきか必ず聴くから良いと言うべきか。それはともかくあと3週間でお正月が来る。

|

« 家の紅葉 | Main | ドヴォルザーク 糸杉 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 家の紅葉 | Main | ドヴォルザーク 糸杉 »