« ベートーベン 交響曲9番 | Main | チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 »

December 24, 2005

クリスマスの名曲

christmas第9を聴いた後にはクリスマスらしい曲を聴くことにする。写真でお分かりのように4年前にウィーンフィル世界の名曲というCDムックシリーズで50巻まで出ていたが、レギュラーでも手に入りにくかったボスコフスキーのウインナワルツとか結構買っている。さて、カラヤン、VPO、ウィーン楽友協会合唱団の競演で聴けるこの贅沢なクリスマス名曲集は40年以上前の録音だが申し分が無いほどのできばえ。レオンタイン・プライスのソロが時にアク強く感じるが真摯な歌いぶりはすばらしい。中でも圧巻はシューベルトの「アベ・マリア」。最初VPOだけでそれこそため息の出るような美しい1コーラスが終わると少しビブラートが入ったプライスの歌が続く。そして次はこれも麗しいアダンの「オー・ホーリー・ナイト」、プライスの力強い歌も最高。結婚する前、家内が入っていたコーラスグループのX'masコンサートが終わると皆でキャンドルを手にホールの外に出てこの曲を歌ってくれた思い出があります。30年以上も前ですがね。

|

« ベートーベン 交響曲9番 | Main | チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーベン 交響曲9番 | Main | チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 »