« ありがとうタイガース | Main | モーツアルト 交響曲39番 »

October 30, 2005

ブラームス 交響曲4番

この曲には名演・名盤が多く、どれを聴こうか迷うけれど今日はバルビローリとウィーンフィルのCD。ほぼ40年前の録音だけど定評のある演奏で音も美しい。このコンビはもう恋人同士ですね。最近の特にクライバーのような高速道路を一直線といった演奏ではなく、ほろ酔い加減で海辺を歩くといった感じです。いやクライバーのもすごい名演ですよ。以前エントリーした1番ではこのおっとり加減が少し裏目だったのが4番では曲のイメージにぴったりで当時のレコ芸でも特選扱いでした。ただ現在では昔の良き時代の物語的な演奏であることも事実です。しかしどんな演奏でも本当によく出来た曲で古典的なたたずまいと各楽章のバランスがすばらしく、私的にはある面ではベートーベンを超えたといっても良いと思っています。ジャケット写真ですがセット物で1番の時と同じ写真なので割愛します。

|

« ありがとうタイガース | Main | モーツアルト 交響曲39番 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ありがとうタイガース | Main | モーツアルト 交響曲39番 »