« モーツアルト ピアノ協奏曲20,27番 | Main | M3 »

September 24, 2005

マーラー 交響曲5番

Mahler5涼しくなって大曲を聴く気力が出てきました。今日はインバル、フランクフルト放送交響楽団の定評ある演奏・録音です。昔はバーンスタインやショルティのLPを時々聴いていたけれど2枚のLPをとっかえひっくり返すのは面倒でCDになってから心底ありがたいと思う。CDではバーンスタイン、VPOのコンビで決まりと思っていたけれど、最初に買ったインバルのを聴いてみるとこれがいい。分析的とか冷たいとか言われているようだけれどマーラーの音楽をきっちり演奏すればちゃんと感動するという見本ですね。最初のトランペットの運命動機(?)が終わってからの延々と続くマーラー節、私はボヘミア演歌だと思っているけれど、これもとても素直に聴けるのは見事です。聴き終わってからずーと迷っていたインバルの全集を注文しました。5番と6番がダブルのですが持っているべき全集ですね。

|

« モーツアルト ピアノ協奏曲20,27番 | Main | M3 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/6096723

Listed below are links to weblogs that reference マーラー 交響曲5番:

» マーラー「交響曲第5番」、またはLPからCDへの転換 [電網郊外散歩道]
マーラーの交響曲第5番に触れたのは、1972年にグラモフォンが1枚750円で出したラファエル・クーベリックのサンプラーLPレコードに収録された、第4楽章「アダージェット」だった。ちょうどこの頃、ヴィスコンティ監督の映画「ヴェニスに死す」で使われたことで、耽美的な音楽として話題になった。 1980年代に入り、LPでマーラーの交響曲第7番「夜の歌」や第3番などを通じて、第4番以外のマーラーの音楽にも親しむようになり、これもクーベリックのマ�... [Read More]

Tracked on September 27, 2005 at 09:05 PM

« モーツアルト ピアノ協奏曲20,27番 | Main | M3 »