« パリの喜び レ・シルフィード | Main | ベートーベン ピアノ協奏曲4番 »

August 08, 2005

基本が大事

現在メインで使っているのは20年前の音響装置だからいろいろ問題があり、ときどき左の音が出なくなる。ただセレクトスイッチやボリウムを回したりすると復活するのでだましながら聴いていたけれど思い当たるところがあったので15キロもある重いメインアンプを引っ張り出した。一応プリアンプとメインアンプの分離型なのです。そしてプリアンプからの入力ケーブルを触ってみると左の音も出る。そう、単なるケーブルの劣化です。すぐに手元にあった新品のケーブルに取り替えたらしっかり音が出るようになり、しかも以前より音がよくなっている。やれやれ新しいアンプを買おうかと悩んでいたのがケーブル1本で解消です。最も基本的な事を無視していました。高校のときからアンプを作っていたオーディオ少年の末路ですねぇ。

|

« パリの喜び レ・シルフィード | Main | ベートーベン ピアノ協奏曲4番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 基本が大事:

« パリの喜び レ・シルフィード | Main | ベートーベン ピアノ協奏曲4番 »