« 白鳥の湖 | Main | 「悲劇的序曲」 ブラームス »

July 03, 2005

ジュリーニ セレクション

Giulini前回から1週間以上も空いてしまったので今日はがんばってたくさんエントリーします。まずは遅まきながらジュリーニの追悼です。シカゴ饗とのマーラー1番、ベートーベン7番、ブルックナー9番、ブラームス4番などのシンフォニーとベルリオーズのロメオとジュリエット、ストラビンスキーなど古典から現代まで盛りだくさんのアルバムですが、全体の印象としてはオケの音がとても柔らかく色彩的だということです。またジュリーニの指揮自体が鋭角的ではないので特に「ロメオとジュリエット」では雰囲気のある演奏になっています。誰もが思うことでしょうがショルティの振った同じオケとは思えないですね。このアルバムには解説があって(英語とドイツ語だけど)それによると1957年にライナーがジュリーニをシカゴに呼んだそうです。なるほどライナーは自分とは別の才能をちゃんと見出していたわけです。このアルバムはお徳用で5枚分の内容を4枚のCDに入れてくれたのはいいのですが、ブルックナーの後にブラームスが始まったりするのはどうかと思います。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« 白鳥の湖 | Main | 「悲劇的序曲」 ブラームス »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

こんにちは
曲目はすべてあるのですがジュリーニ追悼の意味で購入しました(特価でしたが)幸せなアルバムというべきでしょうか。

Posted by: よし | July 05, 2005 at 08:15 AM

これは、魅力的なCDですね~。ダブりがなければ私も欲しいセットです。

Posted by: yurikamome122 | July 04, 2005 at 09:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/4810799

Listed below are links to weblogs that reference ジュリーニ セレクション:

« 白鳥の湖 | Main | 「悲劇的序曲」 ブラームス »