« ドヴォルザーク 交響曲5番 | Main | マーラー 交響曲3番 »

July 08, 2005

シューマン 交響曲3番

Konwitschnyなんとなくシューマンの「ライン」が聴きたくなったので今回はコンヴィチニー、ゲバントハウス管弦楽団です。出だしのテンポ、リズムの刻み方、間の取り方、ぐっと引き付けられてそのまま聴きとおせました。シューマンの交響曲は4番以外はどこか居場所が悪くて落ち着かないけれどさすがにライプツィッヒのボスはすばらしい棒さばきです。特に4楽章から5楽章への気分の移り変わりもコントロールが効いていて見事です。この曲を最初に聴いたのはバーンスタインとNYでした。当時としては元気あふれる演奏でそれなりに楽しめましたが今聴いたらどうでしょうかね。でも聴いてみたい。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« ドヴォルザーク 交響曲5番 | Main | マーラー 交響曲3番 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

yurikamomeさん、手持ちのシューマンの交響曲は4番以外はサバリッシュとバーンスタインくらいだと思っていたらコンヴィチニーがあるのを思い出してエントリーしました。確かに純ドイツといった雰囲気ですが好きですね。

Posted by: よし | July 10, 2005 at 01:42 PM

この演奏は、もうゲルマンの魂ですね。大きな筆で思いっきり大きな字を書くような趣もあり。最近聴いていません。聴いてみることにします。

Posted by: yurikamome122 | July 09, 2005 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/4880819

Listed below are links to weblogs that reference シューマン 交響曲3番:

» シューマン作曲、交響曲第3番「ライン」 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 横浜の見る場所はみなとみらいや関内、元町、山手、本牧当たりに集中しがちだけど、根岸、磯子から金沢の工業団地当たりは油臭い、汗に匂いのするそれはそれでまたちょっとダウンタウンの風景もあるんです。  今日の1曲。シューマン交響曲第3番「ライン」、楽譜第1主義、頑固じじいのトスカニーニにいいように振り回され洗脳されているNBC交響楽団。  すごい歌の連続。太古の録音で音は悪いけどあっちもこっちも歌心に満ちている。でもこの演奏全然楽譜通りじゃない。言ってることとやってることが全然違う。年喰うと人の言う... [Read More]

Tracked on July 09, 2005 at 09:22 PM

« ドヴォルザーク 交響曲5番 | Main | マーラー 交響曲3番 »