« ジュリーニ セレクション | Main | 再び「ペリ」 デュカ »

July 03, 2005

「悲劇的序曲」 ブラームス

BrahmsJBこれは小交響曲といっていいですね。2つの和音のフォルテで始まるのはベートーベンの3番と似ているしその後の推進力もすばらしい。今日はバルビローリとVPOのCDです。思ったほど古い演奏でもなく1968年ですが雰囲気はもっと昔といった感じ。バルビローリのブラームスは好きだけれど、もう少しガッツも欲しいなあ。VPOとのコンビなので特にそう感じます。彼にはベルリンフィルが似合うような気がします。とはいえこれだけ上品さに徹した演奏も十分存在価値があります。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« ジュリーニ セレクション | Main | 再び「ペリ」 デュカ »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

そうですね。センチメンタルブラームスですね。VPOは楽しかったと思います。少なくともショルティとやるよりはね。

Posted by: よし | July 05, 2005 08:20 AM

このバルビローリのブラームスはセンチが魅力でしょう。このエントリーの演奏は聴いたことがないのですが、4番などは、あのブラームスがオカマになったのではないかと思っちゃいます。仰るBPOはマーラーで奇蹟のような名演がありますね。あれは私も好きな演奏です。

Posted by: yurikamome122 | July 04, 2005 09:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「悲劇的序曲」 ブラームス:

« ジュリーニ セレクション | Main | 再び「ペリ」 デュカ »