« 20世紀の巨匠 ドラティ フリッチャイ | Main | コープランド ドラティ »

July 21, 2005

オーケストラ予備軍

昔の日本のオーケストラの水準に比べると現在の状況は信じられないですね。特にアマチュアオケのレパートリーは「アルプス交響曲」とか「マーラーの5番」とか目をむくものばかりです。でも次男が中学のときの吹奏楽部の発表演目は1年で「新世界より」の4楽章、2年でショスタコの「第5番」4楽章でした。顧問の先生は英語の女先生です。中学はマンションの向かいなので土曜日や夏休みでののしごかれ方がよく分かります。息子は小学校でトロンボーンだったのに中学ではチューバ。要するに体格であてがわれるわけです。おまけに部員の90%は女子生徒。でも発表会のプログラムを見てびっくり。近くの優秀といわれた中学では「コッペリア組曲」「ガイーヌ組曲」など。例の「レズギンカ舞曲」なんかもばっちりです。まさしく脱帽!こうした生徒たちが現在ののオーケストラの予備軍になっているのでしょうか。

|

« 20世紀の巨匠 ドラティ フリッチャイ | Main | コープランド ドラティ »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/5078969

Listed below are links to weblogs that reference オーケストラ予備軍:

« 20世紀の巨匠 ドラティ フリッチャイ | Main | コープランド ドラティ »