« 煙が眼にしみる テレサ・テン | Main | 満開御礼 »

July 17, 2005

サリエリ マーク バンベルグ饗

salieriサリエリの「フルートとオーボエのための協奏曲」ニコレ、ホリガーという名手の独奏に懐かしいペーター・マークさんの指揮、そしてバンベルグ交響楽団という豪華メンバーです。独奏がいいのは当たり前としてマーク指揮するバンベルグ饗の素朴な響きがとてもすばらしい。その昔VOXレコードから廉価シリーズとしてバンベルグ饗とかホーレンシュタインの演奏が出ていて、当時は地方オケとしてそれなりの評価しか受けなかったけれど、アメリカの無個性なオケよりもこういった地味な響きは貴重ですね。カイルベルトとバンベルグのベートーベンやブラームス、ブルックナーを聴きたいものです。さて、映画で有名になったサリエリの曲はとても優美なものですがモーツアルトと一緒に聴くのはちょっとつらいかな。ここはマークとバンベルグ饗に敬意を払ったエントリーです。

|

« 煙が眼にしみる テレサ・テン | Main | 満開御礼 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/5004992

Listed below are links to weblogs that reference サリエリ マーク バンベルグ饗:

« 煙が眼にしみる テレサ・テン | Main | 満開御礼 »