« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

July 31, 2005

ストラヴィンスキー 火の鳥 聴き比べ

firebirdB ブーレーズがニューヨークフィルを振った1910年全曲版。これはライナーノートに1910年版にこだわった理由が詳しく載っています。曰く1919年版は管弦楽の編成や構成が小さく、1910年版のほうがすばらしいとブーレーズは言っています。確かに4管編成が2管になった以上に楽器が大幅に減少させられています。この辺はLPのジャケットの解説は詳しくていいですね。で、聴いてみると確かに分厚い音でシンフォニックでさえありますがこれは版の違いというよりオケの能力ではないかと思いました。ちなみにブーレーズの指揮は構えたりせず終曲でも結構あっさりと終わらせます。ドラティに近い感じですが踊りやすいかは別問題。

firebirdA比較したのはアンセルメ、OSRですがこちらの版は不明、多分1919年版でしょう。例によってチマチマとした印象なのは古い録音とオケのせいですね。ただ、これをバレエのための音楽と考えればオケの編成が小さくても問題は無いとストラヴィンスキーやアンセルメは考えたのでしょう。コンサートの音楽と考えたブーレーズ、踊りの音楽と考えたアンセルメといったところです。上のジャケット写真がブーレーズ、下のジャケット写真がアンセルメ。写真で見るととても美しい火の鳥ですが、横でカスチェイの手下が眠らされています。(レニングラードバレエ団)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝 ふたたび「新日本紀行」

夜の10時半ごろ何となくテレビを見たら例の音楽が聴こえるのです。そういえば新聞のNHKテレビ番組欄に載っていたのを思いだしました。「新日本紀行」。あの懐かしい拍子木の入ったテーマ音楽です。私はこれだけ日本人の郷愁を誘う音楽は他に無いと思っています。ましてシンセサイザー音楽の雄としてしか知らなかった冨田勲氏が作曲者だなんて想像も出来なかったです。テレビ欄を見たときも、きっと新しい構成でまさかあの音楽が再び聴けるとは夢にも思わなかったので毎土曜日の楽しみが増えました。番組自体も以前放送したテーマのその後を取材していて相変わらずいい内容のものです。お薦めです。ただ、昔から歌はあったかなぁと思っているのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2005

ブランデンブルグ協奏曲4番

BachBRバウムガルトナー、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団。自分で言うのなんですが、若い頃は結構いい演奏のLPを集めていたものです。お金が無いということはそれだけ真剣だったということなんですね。Vnソロはスークでまことに心洗われるさわやかな演奏です。しかしCDでかなり集めた頃に昔のLPを聴いて喜んでいるのもおかしいですね。昔悩んだピチパチ音も少なくてひっくり返すのも苦にならず、どういう心境の変化だろう。とにかく今の装置ではLPのほうが音が柔らかくて精神衛生上良いことは間違いないようです。明日もLPを聴こう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コープランド エル・サロン・メヒコ

CoplandLBなまじ木の多い団地なのでこのごろの朝のセミのうるさいこと。どうしても明け方はウトウト状態でこれが夏ばての原因だとセミを恨んでいます。でもだいぶ回復したので今日はLPをだいぶ聴きました。まず「エル・サロン・メヒコ」、バーンスタインとNPなら怖いものなし。カラヤンのR・シュトラウスと同様作曲者と一体かそれ以上になっています。特にNPがとびきり上手いし、ソロメンバーの達者なことはあきれるばかりです。まずはこの曲の最高の演奏だと思っています。ちなみにLPではメインがジャケット写真にあるように「グランド・キャニオン」で、こちらはオーマンディ、フィラデルフィアです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2005

韓国ドラマ

それほどミーハーでもなかったカミさんが「冬ソナ」にはまって馬鹿にしていたけれど、DVDのレンタルで評判のいい韓国映画を見たらこんどは私がはまってしまいました。「猟奇的な彼女」のハチャメチャな女主人公もよかったけれど今は「ラブストーリー」を見ています。ちょうど昔の日本の恋愛映画を見るようで、しかも主演の女優がとても清楚できれい。デビュー当時の紺野美佐子といった感じでしょうか。学生の役だからにしても口紅もつけないようなメークです。相手役の男優もヨンさまほどいやみが無くいいキャラです。ナイターも気になるけれどしばらくDVDを見ることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

ウィーンフィルとクリップス

この1週間夏バテです。冷房がまともに顔にかかるのがダメだったみたい。こういうときは音楽を聴く気力も無くなります。さて、今日は最近読みつつある本のお話です。図書館で借りた「ウィーンフィルハーモニー」という本。ちびちびと読んでいますが、作曲家の歴史、オーケストラの歴史からウィーンの事情、演奏会場の問題、第2次大戦での苦労話などとてもためになります。中でも印象に残ったのは戦後すぐのヨゼフ・クリップスの活躍。オケや歌手を守って大奮闘していたのですね。それにしては戦後の評価が低すぎるような気もします。1999年にやっと楽友協会にブロンズ像が出来たそうですが、こういった派手ではないけれど地道に舞台裏で活動を続けた音楽家をもっと再評価すべきだと思った次第です。そういう私もクリップスのCDはLSOとのベートーベン3番だけですがこの本を読む前に聴いた印象でも素直で正当な演奏で気に入っていました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 24, 2005

マゼールのブラ1

BrahmsMzrブラームスにはまっていた頃、何の因果かマゼール、クリーブランドで1番から4番まで買ってしまった。ベーム、カラヤン、バーンスタインといった大御所ばかりではつまらなかったのでしょう。20年以上も経た最近になって聴いてみるとこれが結構いいのです。知らずに聴いたら絶対マゼールと分からないような真面目な演奏ですが、これはオケがクリーブランドだからだと思っています。VPOとかBPOだと、いろいろ昔の大指揮者と比べられるのでしょうがここなら普通にやっても(セルがいたけど)文句は言われないしね。4楽章のあの主題を溜めたりうならせたりせず実にさらっと弾かせるのがとても新鮮で、マゼールっていいじゃん、と思ってしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コープランド ドラティ

Copland古いLPを引っ張り出していたらドラティがLSOを振ったコープランド「アパラチアの春」と「ビリーザキッド」が出てきました。マーキュリーの35mmテープを使った優秀録音ですが、このLPはフィリップスからの発売です。「アパラチアのの春」は同じドラティがデトロイトを振ったCDを持っているけれど「ビリーザキッド」はお久しぶりといった感じです。ドラティはリズム感や切れ味はすばらしいけれど、決して羽目をはずした演奏はせず、「ピストルの打ち合い」のシーンなどでも大向こうをならせるのではなく、きっちりと整然と演奏するのであと味がとてもいいですね。オケにとっては大好きな指揮者ではないかと想像します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

オーケストラ予備軍

昔の日本のオーケストラの水準に比べると現在の状況は信じられないですね。特にアマチュアオケのレパートリーは「アルプス交響曲」とか「マーラーの5番」とか目をむくものばかりです。でも次男が中学のときの吹奏楽部の発表演目は1年で「新世界より」の4楽章、2年でショスタコの「第5番」4楽章でした。顧問の先生は英語の女先生です。中学はマンションの向かいなので土曜日や夏休みでののしごかれ方がよく分かります。息子は小学校でトロンボーンだったのに中学ではチューバ。要するに体格であてがわれるわけです。おまけに部員の90%は女子生徒。でも発表会のプログラムを見てびっくり。近くの優秀といわれた中学では「コッペリア組曲」「ガイーヌ組曲」など。例の「レズギンカ舞曲」なんかもばっちりです。まさしく脱帽!こうした生徒たちが現在ののオーケストラの予備軍になっているのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

20世紀の巨匠 ドラティ フリッチャイ

dorati_fricsay梅雨はあけたみたいだけど蒸し暑くて朝からエアコンを入れてます。マンションだから午前中はあまり大きな音は出さないようにしているので今日は古いモノラルでの「20世紀のマエストロ」シリーズを聴きました。40枚入って8000円だから安いようだけれど音楽を楽しむというよりは、なじみの少ない昔の演奏家を知るといったセットですね。その中でも比較的録音が新しかったのが標題の2人のCDです。ドラティのはルビンシュタインとのグリーグピアノ協奏曲、フリッチャイはベルリンフィルとのチャイコ5番。どちらも1949年の録音で充分鑑賞にも堪える音です。ドラティ43歳で多分ルビンシュタインも同じくらいでしょう。何でもあっさり屋のドラティも結構ロマンの香りといった伴奏だし、ルビンシュタインも全盛期といった演奏で文句なしです。オケはRCAビクター饗ですがこれも上手い。しかし、何といっても本命はフリッチャイとBPOのチャイコです。彼が35歳の時。才気あふれるといった感じでケルテスのデビュー「新世界より」を思い出します。そういえば彼もハンガリー人でした。長生きしたドラティとデトロイト饗との切れ味抜群のストラヴィンスキーは最高だと思っていますが、フリッチャイの49歳での死去は残念ですね。彼のベートーベン「英雄」も私の宿題の1つです。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

満開御礼

庭のカサブランカが満開になりました。


RIMG0258-s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2005

サリエリ マーク バンベルグ饗

salieriサリエリの「フルートとオーボエのための協奏曲」ニコレ、ホリガーという名手の独奏に懐かしいペーター・マークさんの指揮、そしてバンベルグ交響楽団という豪華メンバーです。独奏がいいのは当たり前としてマーク指揮するバンベルグ饗の素朴な響きがとてもすばらしい。その昔VOXレコードから廉価シリーズとしてバンベルグ饗とかホーレンシュタインの演奏が出ていて、当時は地方オケとしてそれなりの評価しか受けなかったけれど、アメリカの無個性なオケよりもこういった地味な響きは貴重ですね。カイルベルトとバンベルグのベートーベンやブラームス、ブルックナーを聴きたいものです。さて、映画で有名になったサリエリの曲はとても優美なものですがモーツアルトと一緒に聴くのはちょっとつらいかな。ここはマークとバンベルグ饗に敬意を払ったエントリーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

煙が眼にしみる テレサ・テン

teresa3月にブログを始めてすぐにテレサのこと(里の秋)を書いたけれど今回はそのときにも紹介した「煙が眼にしみる」です。テレサ独特の甘い歌いっぷりだけどこういった軽くて明るいのりは好きです。発音もきれいだし夜聴くのにぴったりです。ジャケット写真はまだ若いときですね。しかし3年前瀋陽に行ったときに7枚組みで120元くらいだったのを買うべきだったと、まだ悔しがっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

アイヴィズ 答えの無い質問

ivesマイケル・テイルソン・トーマス(MTT)とシカゴ饗、コンセルトヘボウの演奏するアイヴィズの交響曲などが入ったセットを聴きました。うーん、やっぱりかなり難解デス。単なる描写音楽でもなく、深く瞑想に沈んだかと思ったらアメリカ民謡や賛美歌が出てきたり場末のドンちゃん騒ぎもあってなかなか一筋縄ではいきませんが2つの大戦を経験したアメリカを表現しているのでしょうか。標題の「答えの無い質問」は7分ほどの曲ですが、ほぼ全曲静けさで統一されていて、これも静かに静かに演奏するトランペットとあいまってなかなか聴かせます。わたしのCDではこのあとに「宵闇のセントラルパーク」がありますが、この2曲は兄弟曲といっていいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏の庭

ここ2,3日蒸し暑いけどほぼ梅雨明けですね。
今週はじめから庭のカサブランカが開きだしてかなり見ごろになりました。ブルーのラベンダー(?)も相変わらず元気だし植木鉢の花もよく咲いています。私は写真は写しますが実はカサブランカとゆりの違いがよく分からないのです。花もきれいですが緑の鮮やかさがうれしいですね。


RIMG0253-s


RIMG0255-s


RIMG0257-s

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

朝比奈隆さん

今週はCDエントリーができそうも無いので今日も思い出話で行きます。
朝比奈隆さんの演奏を聴いたのは1回だけです。地元で大阪フィルと一般参加者によるコーラスとの「第九」でした。会社の女子社員がコーラスに出るので行ったわけです。息子が2歳くらいだったからほぼ28年前です。その息子を家内が抱いて一緒に客席へ。泣いたら即退場しようと思っていたら最初の「エグモント序曲」が始まってすぐに寝てくれました。普段から家でドンチャン鳴るのを子守唄にしていたせいでしょうか。朝比奈さんの演奏はもちろんよかったですが、何よりも息子が「第九」が終わっても寝ていたのが一番ありがたかった。許可されたにしても小さな子を連れて行くのは非常識ですからね。さて、朝比奈さんとは演奏以外の思い出もあります。神戸の小学校の校歌の作曲者が朝比奈さん。家も近くて歩いて10分程度にある住宅地でした。そばを通ると、ときどきご子息の千足さんの練習するクラリネットが聞こえました。またあるとき奈良に写真を写しに行った帰り、近鉄電車に乗っていたら近鉄バッファローズ(当時)の応援団が一杯乗ってきたのです。しかし彼らの大声の話し声の向こうからさらに大きな声が響いてくるのです。もしかして、と思ってそちらに行って見たらやっぱり朝比奈さんでした。とにかく声がでかい。あまり声がでかいので屋台の飲み屋から追い出されたというエピソードそのものです。しかし天下の大指揮者が電車で移動しているのを見ると本当にファンになりますね。もう亡くなられて4年でしょうか。改めてご冥福をお祈りします。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 12, 2005

コリン・ディビス

演奏会の思い出話です。20年ほど前、コリン・ディビスとロンドン交響楽団が大阪に来たので行きました。当時はいわゆる有名オーケストラが来日すると結構真面目に演奏会に通いました。ほとんどB席ですが。このときのメインのプログラムはウォルトンの交響曲2番でしたが正直こんなやかましい曲はゴメンだと思いましたね。お国ものでもあるのでロンドン交響楽団の特に打楽器奏者たちのはりきること。おかげでもう1曲のほうを忘れてしまいました。でもコリン・ディビスの端正な指揮姿はさすがにステキでした。アンコールはヴォーン・ウィリアムズの「グリーンスリーヴス幻想曲」で、終わった後にもう帰って寝ましょうというジェスチャーでお開きになりました。実はこれトラックバックのためのブログアップなんですよ。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

July 11, 2005

梅雨明けかな

久しぶりに音楽ネタではありません。
今日は昼前にセミの声を聞きました。
動植物って季節の変化に敏感ですから
そろそろ梅雨明けかもしれません。
来週から暑い夏がくるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2005

ショスタコヴィッチ 弦楽四重奏15番

DSQ15だんだん彼の表情が重苦しくなると同時に曲想も静かに瞑想的な趣になります。1974年、彼が68歳のときの作曲です。亡くなる1年前ですね。例の「証言」もちゃんと読んでいないのであまり政治的な話はできないのですが、彼は政治的な圧力があるから彼らしい作曲ができたのではないかと思います。まためったに聴かない四重奏曲を聴いてみて彼がすばらしい作曲家であることを再認識させられました。交響曲はかなり意識して外面を細工した嫌いがあります。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (1) | TrackBack (0)

ショスタコヴィッチ 弦楽四重奏8番

DSQ88番は彼が54歳のときの作曲ですから脂の乗り切ったときですね。いかにもショスタコヴィッチらしく例のギャロップ風のリズムが良く出てきますし交響曲でおなじみのメロディーが表れたりして懐かしいです。ボロディン四重奏団も文句のつけようのない演奏です。全集を買ったものの15曲のどれを聴くのか迷いますが、ベートーベンやモーツアルトと同じくどの曲も立派な水準にあるのはさすがです。交響曲を多作できる作曲家は当然なんでしょうね。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

ショスタコヴィッチ 弦楽四重奏曲1番

DSQ1今日はボロディン四重奏団のショスタコヴィッチの弦楽四重奏全集から連続で3曲エントリーします。それぞれのジャケット写真をご覧になれば年齢と共に彼の表情がどんどん暗くなっていくのがよく分かります。年齢だけでなく精神的な圧力が表情に出るのでしょう。さて、最初の1番は彼が29歳のときの作曲でハイドンとでも言いたいほど明快な曲ですがショスタコヴィッチらしさまだ見出せません。同じCDで2番からは高音域を多用したり独特のリズムが出てきたりで彼らしくなります。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

マーラー 交響曲3番

Mahler3今日は久しぶりに長大な曲にチャレンジです。昔バーンスタインのLPを聴いて冒頭の8本のホルンのユニゾンにしびれたけれど今でもこの出だしはいいなと思う。3楽章のポストホルンの長いモノローグもすばらしい。シカゴの名手なんだろうけどこの長いソロをしみじみと聴かせます。そして5楽章の楽しい児童合唱から最後まで重くないクライマックス余韻の残る曲です。私はマーラー好きだけれど3番はこれだけです。でも録音も含めほぼ文句のない名演奏だと思っています。ジャケットではショルティとマーラーがにらめっこしているけれどマーラーもきっと満足でしょう。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (4) | TrackBack (1)

July 08, 2005

シューマン 交響曲3番

Konwitschnyなんとなくシューマンの「ライン」が聴きたくなったので今回はコンヴィチニー、ゲバントハウス管弦楽団です。出だしのテンポ、リズムの刻み方、間の取り方、ぐっと引き付けられてそのまま聴きとおせました。シューマンの交響曲は4番以外はどこか居場所が悪くて落ち着かないけれどさすがにライプツィッヒのボスはすばらしい棒さばきです。特に4楽章から5楽章への気分の移り変わりもコントロールが効いていて見事です。この曲を最初に聴いたのはバーンスタインとNYでした。当時としては元気あふれる演奏でそれなりに楽しめましたが今聴いたらどうでしょうかね。でも聴いてみたい。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (2) | TrackBack (1)

ドヴォルザーク 交響曲5番

Dvorakなんとなくというと叱られるかもしれないが、今回はこの曲をセレクト。日本でもおなじみのコシュラーさんとスロヴァキアフィルのお国ものです。最初になんとなく、なんて書いたけれど実は例の「のだめ」で千秋君がこの曲の指揮をするからであります。ところが最近物忘れがひどくて、ひょっとしたら6番だったか?と自信ありません。多分5番です。なぜ確認できないかというのには理由がありますがそれはまた別の機会に。で、やっと曲の感想ですが、重苦しくなく適当に野性味があって適当に田舎くさくて、まず申し分ないステキな演奏です。実は最近CDを聴く環境をかなり改善したので以前よりくっきりと細部が聴こえるようになり演奏のメリハリがよく分かるようになった影響も大きいのだろうと思います。それと聴くときの体調や気分ですね。こういった曲はカラヤンではなくコシュラーさんが最適ですね。お国ものだからと言うのではありませんよ。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

いい歳をして

今日は音楽といってもコミックのお話。「のだめカンタービレ」があまり有名なので、つい4巻ほど買ったのです。まあ面白いです。音大に通うちょっと変った女の子と指揮者志望の先輩とのばか話ですが、徐々に専門的な言葉も出てきて、特に出来の悪い学生オケを鍛えて「英雄」の公演を成功させるところはちょっと感動します。作者が女性なのできれい事過ぎる面もありますがクラシックの紹介コミックとしては成功でしょう。続けて買おうか迷っています。いい歳をしてチト恥ずかしい。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

July 03, 2005

モーツアルト 弦楽四重奏曲版ピアノ協奏曲

MozartQAB私の音楽レパートリーはほとんどがオーケストラなので、これはいかんと最近は室内楽を集めていますが今回はモーツアルトの弦楽四重奏曲集。アルバン・ベルグの申し分なく見事な演奏で、この7枚があれば十分でしょう。いかに室内楽が苦手な私でもこの演奏がすばらしいことは分かります。アンサンブルが緻密で活き活きとしていてどんな場面でも各パートが有機的に絡み合っています。またこのアルバムには四重奏以外にも五重奏やブレンデルとのピアノ協奏曲12番、ピアノ四重奏第2番も入っていて本当にお徳用です。特にこの四重奏版ピアノ協奏曲12番はモーツアルト自身の編曲ですがこれがとても楽しいんです。他のピアノ協奏曲も四重奏版に編曲されているのでしょうかね。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

やはりベートーベン

BeethovenACバーンスタインのベートーベン交響曲全集を懲りずにときどき聴いていますが昨日再び2番を聴いたら前回とイメージが違うのです。結構いい。これって落ち込んだときに聴くのにいいかも。とにかく元気が出ます。しかしやはり荒っぽいなぁ。3番は趣向を変えてクリュイタンスとBPOにしました(ジャケット写真)。やはりぜんぜん違う。美しい! これがオーケストラの音なんだ。それでなくてもクリュイタンスのベートーベンは適当に華やかで京都で云うところの「はんなり」とした風情があります。ということで「やはり」と標題に書きましたがベートーベンは一筋縄ではいかないですね。腕が立つオケだから良いという訳にはいかないんです。ベートーベンの9つの交響曲がまともに演奏できるというのはやはりすごいことなんでしょうね。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (2) | TrackBack (1)

再び「ペリ」 デュカ

Dukas以前アンセルメ、OSRのLPで「ペリ」をエントリーしたけれど今回はCDで再びエントリーです。ただしオケは同じスイス・ロマンドですが指揮はアルミン・ジョルダン。最初のファンファーレはあれっと思うほど雰囲気が似ている。というかやはりOSRの金管の音です。当たり前といえばそうだけど、録音時期は20年以上の開きがあるはず。楽器や奏法が同じなんでしょうか。やはり透明感があっていい音色です。とにかく「ペリ」のCDを手に入れてまずは一安心。その他には「魔法使い」と交響曲が入っています。このCDがあればデュカはいいかな。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

「悲劇的序曲」 ブラームス

BrahmsJBこれは小交響曲といっていいですね。2つの和音のフォルテで始まるのはベートーベンの3番と似ているしその後の推進力もすばらしい。今日はバルビローリとVPOのCDです。思ったほど古い演奏でもなく1968年ですが雰囲気はもっと昔といった感じ。バルビローリのブラームスは好きだけれど、もう少しガッツも欲しいなあ。VPOとのコンビなので特にそう感じます。彼にはベルリンフィルが似合うような気がします。とはいえこれだけ上品さに徹した演奏も十分存在価値があります。

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

ジュリーニ セレクション

Giulini前回から1週間以上も空いてしまったので今日はがんばってたくさんエントリーします。まずは遅まきながらジュリーニの追悼です。シカゴ饗とのマーラー1番、ベートーベン7番、ブルックナー9番、ブラームス4番などのシンフォニーとベルリオーズのロメオとジュリエット、ストラビンスキーなど古典から現代まで盛りだくさんのアルバムですが、全体の印象としてはオケの音がとても柔らかく色彩的だということです。またジュリーニの指揮自体が鋭角的ではないので特に「ロメオとジュリエット」では雰囲気のある演奏になっています。誰もが思うことでしょうがショルティの振った同じオケとは思えないですね。このアルバムには解説があって(英語とドイツ語だけど)それによると1957年にライナーがジュリーニをシカゴに呼んだそうです。なるほどライナーは自分とは別の才能をちゃんと見出していたわけです。このアルバムはお徳用で5枚分の内容を4枚のCDに入れてくれたのはいいのですが、ブルックナーの後にブラームスが始まったりするのはどうかと思います。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »