« シューベルト 即興曲 | Main | ドヴォルザーク 交響曲7番 »

May 05, 2005

マーラー 交響曲4番

 若いときからマーラーが大好きで交響曲を全部集めましたが、最近よく聴くのは4番です。マーラーには珍しく全曲を通しての天国的な静けさが心安らぎます。CDで本命だと思ったバーンスタイン、コンセルトヘボウのは4楽章でのソプラノの代わりにボーイソプラノを使っており、その音程が不安定なので最後になって楽しめません。マゼール指揮、ウィーンフィル、キャスリーン・バトルのソプラノの演奏はマゼールがいつもと違って素直だし、バトルも相変わらずチャーミングな声でこの曲によく合っています。天国を描いたような曲中でも白眉なのは3楽章です。一瞬の雲の切れ目から混沌とした下界が見える様で、これこそマーラーの世界ですね。オケは文句のつけようの無い美しい演奏です。


rose5

読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« シューベルト 即興曲 | Main | ドヴォルザーク 交響曲7番 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

みー太さま
コメントありがとうございます。
マゼールは鮮烈なシベリウス、現代的なチャイコフスキー、オーソドックスなアプローチのブラームスなどが好きですね。

Posted by: よし | April 18, 2006 at 08:26 AM

よし様 こんばんは
頂いたコメントにお返事を書く前に、先にこちらにお邪魔しました。
『マゼールがいつもと違って素直だし・・・』、なるほどと思いながら、記事を拝見させて頂きました。三楽章は聴き応えありました。マゼール氏の他の演奏ですと、何番がよし様のお勧めでしょうか?少しですが、過去に抱いていた私の愚かな思い込みが、またひとつ消えました。失礼しました。

Posted by: みー太 | April 17, 2006 at 08:33 PM

曲違いで申し訳ありません、同じマーラーの1番に関してなのですが、ちょっとTBさせていただきました。お手すきでしたらご意見いただければ幸いです。

Posted by: yurikamome122 | June 12, 2005 at 06:31 PM

ありがとうございます。テンシュテットは持っていますがなぜか印象に残っていません、もう一度聴いてみましょう。

Posted by: yurikamome122 | May 06, 2005 at 08:58 PM

yurikamomeさん、3楽章の盛り上がりとその後の静寂についてのコメントはまったく同感ですね。あとクレンペラーとシュワルツコップのもあるのですが本当に水墨画の趣です。ハイティンクとVPOなら最高でしょうね。もう少し集めよう。テンシュテットとLPOのはどうなんでしょうかね。

Posted by: よし | May 06, 2005 at 12:47 PM

マゼールのこの曲は、私の今でもハイティンクと並びデフォルトです。VPOの美しさ、例によってのマゼールのデフォルメ。そしてキャシーの歌声。最高です。私はなぜこれが評価されないのかが不思議なくらい大好きです。でも、これいいと言ってくれる人いないんだよなぁ。私たちと、あとはDr.円海山氏くらいかな。

Posted by: yurikamome122 | May 06, 2005 at 11:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/3994092

Listed below are links to weblogs that reference マーラー 交響曲4番:

» マーラー作曲、交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 風邪のせいでダイエット・プロジェクト中断。え、体重増えてる。これじゃあお正月に逆戻りだ。  でもいろいろダイエットサプリに関してご伝授いただきました。そろそろプロジェクト再開といきましょう。  1週間の予定のハイティンク・フェスタも折り返し点を過ぎました。今日の1曲は、マーラー作曲、交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」。ベルナルト・ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とロバータ・アレクサンダーのソプラノ。  天国の楽しさを歌ったのか天国をうらめしがったのか、天上人を妬ん... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 11:42 PM

» マーラー作曲、交響曲第1番「巨人」(ブタペスト初演稿に基づく1893改訂版) [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 マーラー作曲、交響曲第1番「巨人」(ブタペスト初演稿に基づく1893改訂版)。若杉弘指揮、東京都交響楽団。  随分慣れ親しんだ響きと違うところが多い演奏だけど、この演奏の魅力は、色彩感が淡くなった分、マーラーの感情がより剥き出しに感じるところと、なんと言っても「花の章」でしょう。饒舌は時としてその饒舌さに気を取られて、肝心な中身が後退しがちです。  ところでこの「花の章」はとても素敵な音楽で、若杉さんの細身の躰がマリオネットのようなジェスチャーの指揮に踊るとき、そのやや尖った顎が描く優美な線の... [Read More]

Tracked on June 12, 2005 at 06:31 PM

« シューベルト 即興曲 | Main | ドヴォルザーク 交響曲7番 »