« ドボルザーク チェロ協奏曲 | Main | シベリウス カレリア組曲 »

May 16, 2005

フランク のろわれた狩人

franks


クリュイタンス、ベルギー国立管弦楽団という珍しいコンビでのフランクの交響詩特集ですが、お国ものという以上にすばらしい演奏です。あまり録音業界に出てこないオケですが、ホルンをはじめ金管が大活躍するこの曲で実に立派なアンサンブルを聴かせます。日曜日に狩に出かけた伯爵が罰を受け地獄をさまようというお話を基にした交響詩で、私もそうですがフランクが苦手な方にも大変分かりやすいと思うのでお勧めです。この他に「クリュイタンスの芸術」としてパリ音楽院とのドビュッシーやルーセルの交響曲のLPがありますが、すばらしいのは当然としてもこういった企画を出していたEMIはセンスがありました。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« ドボルザーク チェロ協奏曲 | Main | シベリウス カレリア組曲 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランク のろわれた狩人:

« ドボルザーク チェロ協奏曲 | Main | シベリウス カレリア組曲 »