« シベリウス カレリア組曲 | Main | 日本の歌 鮫島さん »

May 18, 2005

チャイコフスキー 交響曲1番

Tcha1

マイケル・ティルソン・トーマス、ボストン交響楽団の演奏。当時は珍しくポリドールからの発売です。この曲には「冬の日の幻想」という副題が付いています。同じくチャイコフスキーの初期の2番と3番の交響曲もそれぞれ副題が付いているけれどほとんどそういったイメージです。たいくつだけど曲の流れに任せていると心地いいです。最近は後期のバリバリの曲よりこういった雰囲気タップリの曲のほうが好みですね。さて、新人時代のティルソン・トーマスだけど上手なオケのおかげもあって無難にまとめています。構成力の弱い曲なのでマゼールならもっと劇的な要素を入れそうだけれど素直な演奏はフレッシュで後味がいいです。これ廉価版でしたが録音技師がカラヤン専属みたいだったギュンター・ヘルマンス氏で、ボストン饗のサウンドが冴えて聞こえます。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« シベリウス カレリア組曲 | Main | 日本の歌 鮫島さん »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

どうもありがとうございます。この曲と言わず、いろいろな作曲家の1番は結構好きなのが多いです。
ところで、マゼールの演奏も面白いですね。私も持っています。私、2番は誰のエントリーにしようかな。

Posted by: yurikamome122 | May 20, 2005 at 01:05 AM

yurimamomeさん。TBありがとうございます。1番が好きな人って結構多いのですね。2番、3番はやはりLPでマゼ-ル、VPOのを持っていますが、ときどき聴きたくなります。

Posted by: よし | May 19, 2005 at 05:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/4137036

Listed below are links to weblogs that reference チャイコフスキー 交響曲1番:

» チャイコフスキー作曲、交響曲第1番「冬の日の幻想」 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 声が変で笑われるし、お客さんからはお婆さんなんて言われるし、頑張った割にはなんにもいいことがない1日でした。痛系のキャラクターになってしまいました。頑張っているのに(鬱)  はいはい、自分の健康管理ね。確かにその通り。反省します。  今日は、チャイコフスキー作曲、交響曲第1番「冬の日の幻想」。ベルナルト・ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。  寒~い冬にあったか~い部屋で団らんしている感じ。そこから見る風景は、1楽章が雪景色の宵の森の中。2楽章がウォッカを飲みなからの... [Read More]

Tracked on May 19, 2005 at 12:30 AM

« シベリウス カレリア組曲 | Main | 日本の歌 鮫島さん »