« バッハ 無伴奏チェロ組曲 | Main | ブラームス ピアノ協奏曲1番 »

May 02, 2005

ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ

サンソン・フランソワのピアノ独奏。
クリュイタンス、パリ音楽院管弦楽団のオーケストラでの演奏もいいのですが、私にはピアノによる原曲が心に響きます。透明感あふれる音色で別世界に引き込まれます。ピアノの表現力を再認識させる名曲・名演奏です。

この曲とても高貴なメロディーなので歌詞をつけて歌えばヒットすると思いますよ。題名は「愛のパヴァーヌ」ですね。「愛」をつければヒットするわけではないけれど。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« バッハ 無伴奏チェロ組曲 | Main | ブラームス ピアノ協奏曲1番 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

よしさん、こんにちは。
亡き王女のためのパヴァーヌ、私も大好きです。
寝る前にこっそり聞いたりしています。

この美しい作品なら、
アカペラのグループなどが、歌詞をつけて歌ってそうですね。
それではまた、おじゃまします。

Posted by: ひっぷはーぷ | May 05, 2005 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ:

» 「亡き王女のためのパヴァーヌ」(大阪フィルハーモニー交響楽団第388回定期演奏会より) [☆☆☆ 今日もいい日 ☆☆☆]
大阪フィルハーモニー交響楽団 第388回定期演奏会5月19日(木)  指揮:井上道義 会場:ザ・シンフォニーホール ラヴ [Read More]

Tracked on May 30, 2005 05:12 PM

» ラヴェル作曲、「亡き王女のためのパヴァーヌ」 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 昨日の夜、ご飯を炊かないで寝てしまったため、お釜の中に一昨日の黄色ががかったご飯が。。。欝だ。仕方がないので「おじや」にしようと思ったら、今度は「ネギ」がない。仕方がないので「ミョウガ」で代用したらこれが正解。眠い朝にはぴったりの目の覚める「おじや」になった。煮立っただし汁にご飯を放り込んでタマゴと共に煮ただけの簡単料理だけど結構うまかった。  朝方の雨は3時過ぎにはやんで、今日はちょっと夜のお約束です。従って早めのアップになります。  今日は、朝は大桟橋に現調、その後に本社で鎌倉腰越A邸の図... [Read More]

Tracked on June 23, 2005 09:29 AM

« バッハ 無伴奏チェロ組曲 | Main | ブラームス ピアノ協奏曲1番 »