« ショスタコビッチ 交響曲13番 | Main | ヴィヴァルディ 四季 »

May 29, 2005

エルガー 威風堂々行進曲1番

s写真はショルティとVPO、LPO、CSOの3つのオーケストラによるサンプラー的なCDですがお目当てはこの威風堂々行進曲。中間の例の旋律もショルティらしく流麗というよりはパキパキと進めますが行進曲だと思えばまあいいかな。しかし、この第2の英国国歌とまで言われる曲を中華味のCMに使うとはね。イギリス人でなくても情けなくなる。Sトリーの大昔のショスタコヴィチの「黄金時代」やマーラーの「大地の歌」は云うに及ばず、Nッカのキャスリーン・バトルを使った「オンブラマイフ」などのセンスを少しでも見習ったらいかが?と言いたいデス。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« ショスタコビッチ 交響曲13番 | Main | ヴィヴァルディ 四季 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

mozart1889さん、こんにちは。これ、VPOとCSOとLPOの演奏が入っていますがVPOの独特の音色とCSOの上手さがよく分かりますよね。CDは2600円でしたが当時は安いほうでした。

Posted by: よし | June 02, 2005 at 05:12 PM

こんにちは。このショルティのベスト盤、レコードで持っています。1000円の廉価盤でした。威風堂々も良いです。ボレロが結構気に入っています。シカゴ響が抜群に巧いです。

Posted by: mozart1889 | June 02, 2005 at 04:50 PM

ニュースの音楽はよく選んでいますね。まだマーラーがそれほど認知されていないとき、緊迫したニュースのバックに1番の4楽章の出だしがよく使われていました。本物(?)を聴いたときに「あ、これか」なんて思いました。

Posted by: よし | May 30, 2005 at 08:26 AM

音楽のいろいろな使い方は面白いのがありますね。以前映画館でニュースを流す事がありましたよね。そのときのバックにはなぜかいろいろな音楽が着いていましたが結構合っていたような気がします。あの選曲をした人はすごい物知りなんだろうと思いました。あとで聴いたらニールセンの5番なども使っていましたから。

Posted by: yurikamome122 | May 29, 2005 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/4326625

Listed below are links to weblogs that reference エルガー 威風堂々行進曲1番:

» エルガー作曲、行進曲「威風堂々」第1番 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
ダイエット・プロジェクト6日目。朝は思いっきり遅くして鶏のささみの燒鳥、シジミのみそ汁。その後1時間半のウォーキングをして、夕食はサラダと冷や奴、キノコのみそ汁。今日はウォーキングしかしてないから、これくらいで我慢。食べるものがなにかちょっと寂しいね。  今日はエルガー作曲、行進曲「威風堂々」第1番。ネヴィル・マリナー指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。  毎年イギリスでプロムスという音楽会が数日にわたりあってその最終日に必ずやる。A・デイヴィスのなが~いスピーチと指揮でBBC交響楽... [Read More]

Tracked on May 29, 2005 at 07:18 PM

« ショスタコビッチ 交響曲13番 | Main | ヴィヴァルディ 四季 »