« カラヤン 私の選ぶ名演 3 | Main | カラヤン 私の選ぶ名演 5 »

April 22, 2005

カラヤン 私の選ぶ名演 4

ストラヴィンスキー 春の祭典

一時期ものすごくはまり、10種類以上の演奏を
持っていますが、カラヤンのも大変な名演奏です。

カラヤンの演奏はリズム感を強調するというより
ひたすらドラマ性を追求します。
切れ味が格別良いわけでもないのですが
大地礼賛のミステリアスな雰囲気から始まり
いけにえの踊りの終末まで押さえ気味に進み
最後に壮絶なクライマックスを迎えるように巧みな
設計を施します。

いつものことですがオケの威力が半端でないので
最後の一撃で本当にあの世に行きそうになります。

これはLPでもCDでも持っていますがCDには同じく
ストラヴィンスキーの「ミューズの神を率いるアポロ」が
入っており、これはすばらしく美しい演奏です。
あと、例によってペトルーシュカは録音がありません。

でも何となくカラヤンの好みが判るような気もします。
曲に一貫したドラマ性がないとだめなんですね。


読まれた方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ

|

« カラヤン 私の選ぶ名演 3 | Main | カラヤン 私の選ぶ名演 5 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/3809871

Listed below are links to weblogs that reference カラヤン 私の選ぶ名演 4:

» ストラヴィンスキー『春の祭典』 [Die Sorge]
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ  ロシアの作曲家ストラヴィンスキーの代表作で、現代音楽最高傑作の一つとして数えられる曲。  初演では、内容の過激さとあまりのアバンギャルドさに、聴衆の大喝采と大ブーイングが同時に起こったというのはあまりにも有名なエピソード。  ドビュッシーやラヴェルの美しい音楽を聴いている人々にとっては衝撃的な内容だったのでしょうが、へヴィメタやパンクなどの現代音楽に慣れきった僕らの世代にとっては、どうというない曲です。  しかし、この曲があってこそそのような... [Read More]

Tracked on April 23, 2005 at 10:46 PM

» ストラヴィンスキー作曲、「春の祭典」の自作自演盤(1940年録音) [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 ストラヴィンスキー作曲、バレエ音楽「春の祭典」の自作自演盤。オケはNYP。1940年録音。  ちょっと聴くと、随分無造作な指揮。普段聞き慣れた「ハルサイ」とは随分趣を異にする演奏で、曲のお目見えの冒頭から荒々しく、早めのテンポで、突出した木管や、途中でなくなるパッセージ(これも版が違うのかな?他のところでも、いつもと違うところに打楽器が入ったりしている)。  色彩感に乏しく(録音のせいだけじゃないと思う)、前のめりのテンポで無造作に進んでいく。最後の「生け贄の踊り」など指揮技術のせいか?バラバ... [Read More]

Tracked on July 24, 2005 at 05:13 PM

« カラヤン 私の選ぶ名演 3 | Main | カラヤン 私の選ぶ名演 5 »