« さくらが咲いた | Main | シューマン交響曲4番 »

April 07, 2005

ハイドン 太鼓連打

ハイドンの103番の交響曲、英語で「ドラムロール」
確かに印象的な出だしで、もうロマン派に近い
味わいがあります。

私は最初にカラヤン、ウィーンフィルのレコードで
聴きましたが、A面(?)のモーツアルト・ジュピター
交響曲のインパクトが強かったのでこちらはあまり
記憶に無かったのです。

104番の「ロンドン」と一緒になったCDを聴いてから
そのレガートなハイドンに結構はまりました。
とにかく流麗の極みです。これはVPOだからできるわざ
なんでしょうね。

ジュピターの方は少しやりすぎの感があり、最初は
「何だこれは!」と思いました。
ベーム・ベルリンフィルの直裁で背筋の通った演奏と
正反対です。まあベーム、BPOのは最高の演奏ですが
でもカラヤンのもそれなりに面白い。
しかし、これもVPOだからできることで、他のオケだったら
やはり気持ち悪いだけでしょうね。
ちなみにカラヤンがBPOを振ったCDはオケがまじめすぎて
面白くありません。

|

« さくらが咲いた | Main | シューマン交響曲4番 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

yurikamomeさんにTBしていただけるのは光栄ですよ。カラヤンとVPOのあのころは存在意義がありますね。チエリさん、もしBPOの常任になっていたら違っていたのでは、と思います。クレンペラーのカラヤンへの悪口はカラッとした感じですがチェリさんはちょっとね。私もショルティさんのTV見ていたのですがこの人は怖いように見えてもホントいい人だな、と思います。一瞬首を絞めたくなるかもしれないけれど・・・

Posted by: よし | May 31, 2005 at 07:12 PM

ご迷惑をおかけしながら、私のほうにもコメントいただき感謝とともに恐縮です。ハイドンは友達になるとなかなか話のわかる作曲家のようです。私もこのカラヤンの演奏は持っていますが、かつてのVPOの流麗な響きが魅惑的ですね。ところでカラヤンは、私のエントリーしたチェリ氏に「ツンボ」といわれました。私はチェリ氏は偏執的に聴こえます。

Posted by: yurikamome122 | May 31, 2005 at 03:47 PM

ありがとうございます。この曲好きなものでTBうれしいです。ハイドンって結構はまりますよね。

Posted by: よし | May 31, 2005 at 08:15 AM

すいません、よしさん。私のブログにリンクを貼りTBをしたのですが、うまくいかなかったので何回も試したらこんなになってしまいました。本当にすいません。ついては、大変に恐縮なのですがこのたくさんのTBを1つだけ残して削除していただけないでしょうか?。本当に申し訳ありません。

Posted by: yurikamome122 | May 30, 2005 at 08:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/3599881

Listed below are links to weblogs that reference ハイドン 太鼓連打:

» ハイドン作曲、交響曲第103番「太鼓連打」 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 朝から雨のイヤな1日でした。苛立ちはつのり、何をするにもどうもうっとうしい。  どこに行くにもまた長くてうっとうしい傘を持っていかなければならないし、どれもこれもうまくいかない。  元気づけにバーンスタインで行進曲でも聴いて元気づけようと思ったら、なおさら腹が立ってしまった。  ところで写真は、雨の大桟橋。これもまたオツな景色です。今日は朝からず~~っと会社で雑用と書類作成でした。全く詰まらない1日でした。  今日は、ハイドン作曲、交響曲第103番「太鼓連打」。指揮界の小泉純一郎、セルジュ... [Read More]

Tracked on May 30, 2005 at 08:36 PM

« さくらが咲いた | Main | シューマン交響曲4番 »