« ジュリーニ | Main | ぼけの花 »

March 31, 2005

幸田露伴

中学のときの国語の教科書に幸田文の短編があった。

父露伴は食べ物の好き嫌いは言わなかったが
何でもさいの目に切っていなければ機嫌が悪い
というような内容でした。

几帳面な性格はよく分かりますがが、ではどんなものを
食べていたのだろうか想像するとこれがけっこう難しい。

とうふ、こんにゃくはよく分かる。
でも魚は?
野菜は?
まず納豆は食べないでしょうね。
ということは四角に切った食べ物って結構少ないと
いうことです。

もっと含みのある内容の文章だったと思うけれど
私が覚えているのは食べ物のことだけです。
というか露伴の本も読んでおりません。残念!

|

« ジュリーニ | Main | ぼけの花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/3510352

Listed below are links to weblogs that reference 幸田露伴:

« ジュリーニ | Main | ぼけの花 »