November 16, 2018

モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453

NMLから。アンドラーシュ・シフの独奏、シャンドール・ヴェーグの指揮、カメラータ・ザルツブルクの演奏。1984年ザルルブルクでのDECCAによる録音。最近はカメラータ・ザルツブルクの演奏ばかり聴いていますがシフと共演したピアノ協奏曲集がとてもいい雰囲気なのに感心。ピアニストも指揮者もハンガリー人ですがざっくり言って旧ハプスブルク系の人達なのでオケとの相性もいいのでしょうね。このオケのウィーンフィルもどきの優美な音にはいつも感心するのですがシフの柔らかで煌めくようなタッチも見事です。プロジェクトのBGMとして聴くにはもったいないのですが年末にはじっくりと聴きなおすつもりです。
 

2年前の写真ですが。JR大阪駅の時空(とき)の広場。
 
Img_0270m

| | Comments (0)

November 11, 2018

プロジェクトの効用

ここ2年ほど結構厳しいプロジェクトを手掛けたので今年は少し楽なものを選んで始めたのですが急遽入り込んだ第2プロジェクトがなかなか手ごわいのです。
ただ、プロジェクトに没頭していると世間や周りの雑念がほとんど入ってこないというメリットが大きいですね。渋谷で夜中に大騒ぎがあったとかのニュースはほぼスルーでアメリカで選挙があったとかフィギュアスケートで日本人が優勝したとかはかすかに残りますが2日で消えてしまいます。先日も近所の有志の方々とお話をする機会があったのですがこれまでの町内のあり方を大いに憂いておられるのに深く感銘を受け、特に3年ほど前に決定した取り決めがおかしいと未だに残念がられているのが2日しか記憶の持たない私には驚異に感じられました。
プロジェクトを確実に進行させるには常に新しい事象に対応できるようにすることが必須です。そして何よりありがたいことは自分の能力がいかに少ないかということをしっかり認識させられることです。自分で自分のことをアホだと自覚できることはそうないですしね(笑)。だからアホが賢くなるためには済んだことは忘れて常に前を向いて進むことだと思うのです。残り少ない時間を有効に使いたいと思います。
ということでブログの更新が減った言い訳は終了(笑)。
 
 
何年か前の道頓堀の写真。綾瀬はるかグリコです。
 
Ayaseglico


| | Comments (0)

November 04, 2018

L・モーツァルト 「おもちゃの交響曲」

NMLから。カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
かなり好きな曲でマーラーの4番、ショスタコーヴィチの10番の次のランクです(笑)。
何度かエントリーしたのですがなぜかカラヤンの演奏はパスしていました。改めて聴くとさすがです。穏やかなテンポと優雅な旋律の歌わせ方もお見事heart02。フィルハーモニアも立派な演奏ですが特に大活躍する水鳥さんに1票入れたいと思いますnote
録音は初期のステレオみたいですが雰囲気がいいので気になりません。
 

Img_1299m


これから1か月ほど忙しいのでブログのUPが減ると思います。
インフルエンザの予防注射も済ませました。
 

| | Comments (0)

October 30, 2018

兵庫は広い

朝ドラ「まんぷく」で兵庫県の上郡での疎開生活が描かれていましたが、地の人の「べっちょない」という言葉に懐かしさを覚えました。「べっちょない」とは「別条ない(問題ない)」の意でこの地方の方言みたいなものです。上郡は兵庫県の西の端にあたり、南に赤穂、東にたつの市、相生市があり、さらに東に行くと姫路になります。神戸では「べっちょない」とは言わないのですが姫路から通ってくる学友がよく使っていたので覚えたのです。
東京の人に神戸出身だというと「兵庫県出身って言わないんだね」と揶揄めいて言われるのですが兵庫県は北は日本海に面し、気候も山陰地方に近く南は瀬戸内海に面し温暖な気候で中央部は高い山も少ない平野部です。だから兵庫県と一口に言っても結構広いのです。日本海と瀬戸内海に面している県は兵庫だけ(山口もかな)ですしね。ていうか私も最初上郡は兵庫の真ん中あたりだろうと思っていました(笑)。
ちなみに神戸(地域)というい方は芦屋、西宮、神戸の間でしょうか。東の明石から姫路は西播とも言い言葉も少し違いますね。

2年前の京都の写真。今年は紅葉は見れないかも。
 
Img_0038wm

 

| | Comments (0)

October 25, 2018

モーツァルト ディヴェルティメント第15番 K.287

NMLから。シャンドール・ヴェーグの指揮、カメラータ・ザルツブルクの演奏。
モーツアルトの小さな管弦楽曲はこのコンビで聴くのが最上の選択だと信じています。1988年の録音ですからまずまず新鮮でこのオケの美しい調べを堪能することが出来るのもうれしい。6楽章構成40分の曲で、この作曲家ですからすべての楽章が美しいのですが特に4楽章アダージョの沁みるような優しさには心底癒されますnote。それにしてもカメラータ・ザルツブルクってウィーンフィルの次に美しいのではなんて思います。元いや現団員という方も多いのでしょうね。
 
万博公園西にあるコスモス園で。助手にCanonのミラーレスを持たせて代理撮影を依頼しましたが写し方が似てくるのは長年の共同生活のおかげでしょうか(笑)。
 
Img_3099wl


第2プロジェクトの見積もり設計を急いでいたのですが何とか目途がつき発注しました。でも頑張りすぎて目が兎のようになってしまいました。ちょっとだけ休憩ですhappy01

| | Comments (0)

October 21, 2018

梅田で3人デート

先月からの約束で大学時代の友人と梅田で会いました。
もう1人同じ高校だった女性も参加したので楽しい3人デートになりましたnote
アメリカに2年ほどいた友人から向こうでの会社生活などを聞きましたが、ためになる話がいっぱいで特に女性に接するときの注意事項はもっと早く聞いておけばよかったと思うほど。また子供が人前で騒いだりするとあとでものすごく叱るのだというのを聞いて日本の(外でうるさい)子供との違いを認識した次第です。
女性の友人は、電気関係の問題にもすらすら答える彼をたぶん神様のように思えたのでは(笑)。2人ともいろいろ趣味があるようなので私も年内に2つプロジェクトを実行するという話だけはしておきましたcoldsweats01
 
グランフロントで久しぶりの外食。
 
P1000905l


奥さんが先週友人と遊んだ写真をLINEでグループへ送ったら山のように返信が返ってきましたが雪山に登った男性の零下5℃での写真snowを見て凍えておりました。とにかくLINEを有効活用しているようです。

| | Comments (0)

October 17, 2018

ハイドン トランペット協奏曲 変ホ長調

NMLから。モーリスアンドレの独奏、アルベール・ボーカンの指揮、ルーアン室内管弦楽団の演奏。DECCAレーベルでアンドレが聴けるのは不思議な気がするけれど聴くほどにその腕前に頭が下がります。あまりにも有名な曲ですが目の覚めるというのはこのことでしょうね。最近のプロジェクトの追い込みで疲れていた頭がすっきりとなりました(笑)。
ブレインのホルン同様超人的技術なのですが冴えた柔らかいテクニックをむき出しにしない豊かな音楽性にほれぼれします。ルーアン管弦楽団もしっとりとしたサポートです。
 
最近は写真の在庫が無いので相変わらず昔のもので・・・。

Img_2827r3l


 

| | Comments (0)

October 11, 2018

モーツァルト ホルン協奏曲集

NMLから。
デニス・ブレインの独奏、カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
プロジェクトを進行させながら聴く音楽はほとんどモーツァルトです。やはりnote
最近頭の中で軽く鳴り響いているのが「フルートとハープのための協奏曲」ですがふと聴きたくなったのがこれ。NMLでも結構たくさんの演奏があり何種類か聴いてみたのですが独奏かオケのどちらかに難があり結局ブレイン―カラヤンのコンビになってしまいます。CDでも2枚持っているのですがリマスターしたものよりNMLで聴くほうが音がいいのです。ブレインの演奏ですがそりゃいくら天才と言われても亡くなってから60年もたった現在上手な奏者は一杯いると思うのですが少なくともモーツァルトの演奏にかけてはこれ以上のものを知りません。まあ何十種類も聴いてないですが(笑)。
まだ40代だったカラヤンの指揮も天才ブレインの邪魔をせず最上級のサポートを務めていて見事です。録音もモノラルであることを気づかせず広がりさえ感じさせる立派なものです。
永久保存版の演奏ですね。
 
 
Img_2706l


| | Comments (2)

October 04, 2018

もう10月だ!

9月の中旬頃から涼しくなったなあと思っていたらいつの間にか10月になり半袖から長袖へ、そして布団が徐々に重くなっていきます。
今年も新たなプロジェクトを進行させていたのですが先月からもう一つのプロジェクトも加わったのでかなりあわただしい日々を送っています。好きな音楽も1日1時間くらいしか聴けず少々寂しいのですがまあプロジェクトが最優先なのでやむをえません。
さて、10月からは新しい朝ドラが始まり予想通り快調に進んでいます。お気に入りの安藤サクラさんはじめ好きな役者さんばかりなのもうれしい。テンポよく進む脚本にも期待できます、ていうか前回がひどすぎたなぁ。
野球は・・・ルールを知らないのでよく知りません(涙)。
 
 
Img_1083wl


 

 

| | Comments (0)

September 29, 2018

お待たせ 月下美人

今週の初めごろから月下美人の蕾が大きくなったので満月の25日には咲くだろうと撮影準備をしていましたがその気配はなく、カメラをセットしたまま待ち続けていました。
 
P1000902l
 

それから3日も経つと蕾が一層大きくなってきたので今晩咲くと確信しました。

Img_1660l
 

カメラをセットしたまま食事を終えテレビを見ていた夜の8時ごろ開き始めました。
 
Img_1662wl2
 

奥さんはスマホで私は一眼レフで写していたら9時過ぎには最大になりました。
直径ほぼ25センチはあります。
 
Photo


これは7月に咲いた時。直径20センチくらいですがこの夜は満月でした。
 
Img_1591wl


月下美人って葉っぱの途中から茎が伸びて咲く不思議な花です。
以上、美人に振り回されたここ数日間でした。


 

| | Comments (0)

September 24, 2018

まんぷく 楽しみ

10月から始まる朝ドラ「まんぷく」の紹介番組がありました。もちろんNHKです。
まず、主演の安藤サクラさんの笑顔を見るだけで幸せになりますheart04
以前にも映画「百円の恋」などで紹介しましたが演技の幅も奥行きも広くてシリアスな役もコミカルな役もほぼこなし私のお気に入り女優さんの一人です。と言わなくても数々の作品で主演女優賞を獲得しているので説明は不要ですね。その他の俳優陣も素晴らしいのとナレーターが愛菜ちゃんなのでステキなドラマになることが確約されたようなものです。安藤サクラさんですが曽祖父が犬養毅、親戚に緒方貞子さんがいるというのがちょと怖いような頼もしいような(笑)。
しかし最近はチキンラーメンを食べることが少なくなりました。
第1回の放送日には食べようかと考えています。
 
 
以前の写真だけど。庭のフクシア、後ろのボケの丸さがもう一つなのがちと残念。
高級レンズだと絞りの羽枚数が9枚とかでほぼ円になります。
 
Img_0575r1l


| | Comments (0)

September 20, 2018

余韻を引くドラマ

ここ数カ月はいくつかのドラマを録画して見ていましたが、テレビ業界のいわゆる第2クール終了に伴い終わったものもあります。中でも印象に残ったのは「この世界の片隅で」と「義母と娘のブルース」です。
「この世界」はアニメ版も見たのですが実写版も丁寧な脚本と達者な役者さんのおかげで心に響くドラマとなっていました。最終回で主人公のすずが夫に「この世界の片隅で・・・」と愛を告げるシーンはベタですがいいなと思いました。何よりもこの女優さんのちょっと昔風の持ち味が最大限に生かされたドラマでした。NHKの「透明なゆりかご」もそうですがこういった上質のドラマで主演を務めたことがまだ若い彼女たちの今後に大きな財産となるでしょう。
ちなみに、夫が久しぶりに帰った我が家にすずがいないのでふてくされているのを家人から「はぶてている」とからかわれていましたが、「はぶてる」とは「すねる」という意味で広島や山口で使われる言葉です。
もうひとつは「義母と娘のブルース」で、元キャリアウーマンを演じる綾瀬はるかのどこかコミカルな演技に魅了されました。本人は真面目でも笑いを誘うシーンが多く、なさぬ仲だった義理の娘とも次第に距離を縮めていく過程が楽しい演出で飽きさせなかったです。「この世界の」もそうですが丁寧な言葉遣いが多いので昨今の鳥の羽より軽いセリフが横行するドラマよりはるかに見ごたえを感じさせます。
 
 
Img_04381l

| | Comments (0)

September 17, 2018

今頃夏バテ、かな?

9月に入り8月の猛暑も終わって涼しい日々が続いたのでホットしていたのですが身体がなんとなくだるいのです。急激な気温の変化(特に朝夕)でおかしくなったみたいです。要するに後から出てくる夏バテですね。といいながら急に仕事が忙しくなったりあれこれ大事な手続きもあったりでイヤイヤ動いています(笑)。
嬉しいニュースは、大坂選手の大活躍、タイガース1試合20点!(これ、直近3試合に振り分けろという意見が大ですが)。朝ドラはただひたすらガマン。10月が待ち遠しい。
 
ということでまた以前の写真を、神戸港の写真で気分すっきりと。
 
Img_0279w1l


| | Comments (0)

September 12, 2018

ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

NMLから。アリス=紗良・オットのピアノで。
大好きな曲で管弦楽版をよく聴くのですがピアノで聴くとこの曲特有の懐かしさを含んだ寂しさがよく表現されている気がします。ドビュッシー、サティ、ラヴェルを入れたこのCDは素晴らしい選曲というべきですが、彼女が素直に心を込めて引いている姿が目に浮かぶようです。
生で見たことはありませんが。(笑)
 
 
これも数年前の写真。窓辺のチューリップ。
初めてのミラーレスに250㎜望遠を付けて室内で撮ったもの。
 
Img_03391l

| | Comments (0)

September 09, 2018

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番

NMLから。グリュミオーの独奏、コリン・ディビスの指揮、ロンドン交響楽団の演奏。
CDでも持っているけれどめんどくさいのでNMLで聴いてます。
先日、ヒラリーとドゥダメルがローマ法王の前でこの曲を演奏したyoutubeを見て感動したので今度は好きなグリュミオーの演奏が聴きたくなりました。タイプは正反対だと思うのですがヒラリーの演奏はその端正な演奏姿からも分かるようにシンプルで引き付けられます。音色はやはりグリュミオーかな(笑)。
 
 
最近写真が払底しているので3年前の万博公園のコスモスでごまかしcoldsweats02
 
Img_0662l

 

| | Comments (2)

«9月になった