September 24, 2017

梅田 「田中達也 見立ての世界」

久しぶりに梅田へ出かけました。
我が家の周りは山も見えて比較的のんびりしていて好きな環境なのですが、梅田に出ると若い女性の斬新なファッションに目の覚める思いがしていい刺激になります。大阪駅を降りると外国人旅行者のカップルが多く、彼らはだいたい短パンにリュックという活動的なスタイルでこれもいいですね。
この日は梅田大丸で開かれている標題の展示会を見に行きました。
「MINIATURE LIFE 展」というほうが分かりやすいでしょうか。田中達也さんはNHK朝ドラ「ひよっこ」のミニチュアが動くタイトルロールを作った方です。
しかし、10時過ぎに会場に行くとすでに長蛇の列。一瞬、安室奈美恵の引退コンサートなのかと思ったほどです(笑)。30分ほど並んで入ると50センチ角ほどの透明ブースそfれぞれにミニチュアの世界が収められていました。うれしかったのは最新作を並べた奥の部屋以外は写真撮影がOKだったことです。まあ、テレビのニュースで知っていましたが写真素材に飢えているブロガーとしてはありがたいことです。
ブースの横に作品名が書いてあるのですが写しにくかったので省略。
各自考えてください、ということで逃げます(笑)。 
どれも最近買ったコンデジ Lumix TZ85で撮影。
クリックで大きくなります。

まず、ビール大好き人間として一番気に入ったのがこれ。
 
P1000041wl
 
 
これは丘陵を駆け巡るクロスカントリーですね。
 
P1000032wl

 
文具で作られたヘリコプター。
 
P1000076l


ホチキスの図書館ですね。
 
P1000082l

 
女の子が見つめているものは、
 
P1000081l

 
ヴァージンロードを歩く花嫁。
 
P1000083l


待っているのは新郎と神父ですね。

P1000084l


たくさん写したので続きはボチボチとUPします。
新しいカメラはRAWで取り込めるコンデジですがRAWを使わなくても色調などの調整が楽なのはさすが最新の器種だと納得しました。

| | Comments (0)

September 22, 2017

映画 「エヴァー・アフター」

Amazonプライム映画で観たもの。
「殿下」と呼ばれる貴婦人がグリム兄弟を呼び、ガラスの靴を見せてシンデレラのお話の真実を語る場面から始まる。
二人の娘を連れた男爵夫人と再婚した父がすぐに亡くなり、実の娘のダニエルは継母と長女に下女同然に働かされる。ある日フランス王子と出会い二人は恋に落ちるが、身分の違いとスペインの王女と政略結婚をさせられる王子との恋は生易しいものではない。
魔女ではなく、レオナルド・ダ・ヴィンチがダニエルや王子に知恵を授け、どんないじめや苦難にもめげない彼女の頑張りの結果二人は結ばれる。アメリカへの島流し(?)を命ぜられた継母と長女を許す代わりに自分と同様の下女扱いにした裁きが面白い。ドリュー・バリモア演じる元気いっぱいのダニエルが可愛いのと「殿下」と呼ばれる貴婦人を演じるジャンヌ・モローの貫録がさすがだ。
一緒に見ていた女性は、最近見た映画の中でも1、2の面白さだと評した。要するに恋愛を軸にしてイジメる人、助けようとする人が絡み、うまく進みそうなときにダメになったりあわやという時にどんでん返しがあったりとドラマとしての要素がしっかりしているのだ。特に女性におすすめの映画。

PS:毎日映画を見ているようだけどつまらない番組が多いテレビを見るよりこうした映画(無料)のほうがはるかに楽しめる。ただし、一回に1時間以上観ず、2日に分けて観るようにしている。


Img_0441l


| | Comments (0)

September 20, 2017

プロコフィエフ 組曲「キージェ中尉」

NMLから。
フリッツ・ライナーの指揮、シカゴ交響楽団の演奏。1959年の録音。
「ハリウッド・ドク」という映画の中で、主人公が友人の娘がペットにしているブタを散歩させているときに使われていたのを見て聴きたくなったもの。トランペットで飄々と奏されるどこか間の抜けた旋律が楽しくこの曲を使ったセンスに一票入れたい。
「キージェ中尉」は戦前のソ連の映画用音楽で、皇帝の聞き違いで生まれた架空のキージェ中尉はシベリアに流されたり思い直した皇帝に許され結婚式をあげたりする。存在しないキージェ中尉に振り回される宮廷の役人はとうとう彼を戦死したことにするという風刺映画だ。映画は80分にも及ぶので音楽は20分ほどの組曲がほとんど。こういう曲はオーマンディの独壇場だったのだがNMLにはなく、あれこれ聴いた結果古い録音のライナーが一番素晴らしかった。60年近く前の録音(一応ステレオ)とは思えないほどの音質なのと最近ではあまり聴けない引き締まったオケの音がいい。当時のライナーとシカゴ饗の実力がよく分かる。
 

Img_0053rm


| | Comments (0)

September 17, 2017

ファリァ 「三角帽子」第1組曲

NMLから。
ジュゼップ・ポンスの指揮、グラナダ市管弦楽団の演奏。
なんとなく「粉屋の踊り」が聴きたくなってNMLを捜し、スペインの演奏家のものを探したのですがカラッとした粋な演奏です。ティンパニーの連打とトランペットで始まる序奏でのカスタネットと「オレ!、オレ!」の掛け声が雰囲気満点です。あまり聴かないオケですがちょっとウェットなオーボエ・ダモーレの音色がとても魅力的。本場ものと言えばそれまでですが軽いリズムやさえた音色の金管などこの曲にぴったりですね。
 
一瞬南欧かと思ってしまう神戸の元町の近くのビル。
現在は営業中止で近いうちに新しいショッピングモールになるとか。
 
P1020759wm


| | Comments (0)

September 13, 2017

箸オンチ

アメリカ映画などでコンビニなどで買ったランチを食べるシーンを見ていると実に上手に箸を使っています。立って食べたりするときに重いナイフやフォークがいらずあとで捨てられる箸は便利なので合理的なアメリカ人には受け入れられたのでしょう。昔アメリカから来た女性エンジニアと食事をした時も上手でした。北部の広い州から来た彼女は箸よりも道路の幅が狭いことに恐怖感を覚えたようです。いや、バスはこの道をすれ違うんだよ、と言ったらクレージーだとか(笑)。
いや、箸の話でしたね。私は昔から箸の持ち方が変で、年を取るほど不如意になってきたのでそのうちかっこいい先割れスプーンを使おうかなと真剣に考えているのです(笑)。
 
 
3年ほど前の道頓堀。綾瀬グリコです。
 
Ayaseglico


| | Comments (0)

September 10, 2017

映画 「あなたが寝てる間に」

レンタルDVDで観たもの。
シカゴの地下鉄のチケット売り場で働くルーシー(サンドラ・ブロック)は両親を早くに亡くし恋人もいない。唯一の幸せは毎朝決まった時間に改札を通る素敵なイケメン男性にチケットを渡すときだった。
あるとき、彼が不良に絡まれて線路に転落したのを見て線路に飛び降り、間一髪救出した彼女は、病院でつぶやいた言葉を真に受けた看護師のせいで彼のフィアンセに間違われ、喜んだ彼の家族の前で真相を話せなくなってしまう。兄ピーターの好みとは違う彼女に疑いをいだいた弟ジャックは彼女の行動に目を光らせるが、父親の形見のダブダブのコートを着て明るく振る舞う姿や出国記録の無い真っ白のパスポートを見せて夢はフィレンツェに行くこと、と目を輝かせる彼女に次第に惹かれていく。そしてクリスマスプレゼントにフィレンツェのミニチュアを贈る。
いつもは男気一杯のサンドラが可愛い女性を演じていることと弟ジャック役のビル・プルマンがとても魅力的でラブコメと一口で言えない魅力がある。20年前の映画でこれまでも何回か観たが私の知る限りではベストワンに挙げていい名作だ。観終わった後何とも言えない幸福感に包まれる。
 


これは地下鉄ではなく嵐電の嵐山駅。
左に立っているのは友禅ポール。夜は本当に美しい。
 
Randen2

 

| | Comments (0)

September 08, 2017

マーラー 「さすらう若人の歌」

NMLから。
バーンスタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、トーマス・ハンプソンのバリトン独唱、1988年の録音。
持っているマーラー全集にも入っているけれど何しろNMLで聴くほうが便利ですnote
管弦楽法の達人といえばラヴェルをはじめリムスキー・コルサコフとかレスピーギとかたくさん挙げられるのですが私はマーラーもその中の一人だと信じています。色彩感とかだけではなく、オーケストラで人の心情を表現する腕が素晴らしいですね。
この曲は4つの歌曲から構成されていて全て失恋して放浪の旅に出た若者の心をうたったものですがそういう意味ではシューベルトの「冬の旅」に似ています。各曲は彼の交響曲にも引用されているので私のような歌曲はちょっと、という人間でもとっつきやすいのがありがたい。
バーンスタインの指揮や独唱は言うまでもないのですが柔らかいウィーンフィルの音色も大きな魅力ですね。
 
 
Img_0594rl

 
 

| | Comments (0)

September 05, 2017

東京音痴

東京へ行こうかなと思って手ごろなホテルを見るのですがそのホテルから他の場所へのアクセスがよく分かりません。手ごろなホテルを見つけても東京駅や観光地までメトロ○○線で何分、ですから大阪の地下鉄も満足に乗りこなせない私にはほぼ恐怖です(笑)。まず、そのまえに観光地などの位置関係がよく分からないのです。スカイツリーを見て新宿に寄って銀座へ、なんて行程はかなり遠回りみたいですが東京人ならスイスイ行けるのでしょうね。昔、大阪から東京へ転勤になった男が、3年で何とか地下鉄を乗りこなせるようになったと誇らしげに話していましたがよくわかります。
私ですか?東京での移動は中央線1本です(笑)。
 
 
これは京都の嵐電。四条大宮の駅で。
 
Randen


| | Comments (0)

September 01, 2017

M・ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

NML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)から。
デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏、ホルンはジョン・ザーベル。
最近は音楽はNML、映像はアマゾンのプライム映画で楽しんでいます。
さて、標題の曲は最近村治さんのギター独奏でも聴いたのですが、この曲大好き人間として今回は管弦楽版としてこの演奏を選びました。
手持ちではクリュイタンスとパリ音楽院管の伝説の演奏を持っているのですが、デュトワとモントリオールの絶頂期の演奏はさらりとした淡泊な演奏ながら心に染み入るものがあります。ザーベルのホルンとたぶんハッチンソンの香しいフルートも素晴らしいの一言です。NMLにはムラヴィンスキーとロシアのオケの演奏もありますが申し訳ないですが聴きたくはないですね(笑)。
9月になり朝夕がめっきり涼しくなりましたが7分ほどのこの曲をエンドレス状態で聴き続けていますheart02
 
 
Img_0321rl

 

| | Comments (0)

August 30, 2017

映画 「ツー・ウィークス・ノーティス」

カテゴリーをDVDとしたが実際はAmazonPrime(無料)で観たの映画。
ハーバードを出た女性弁護士ルーシー(サンドラ・ブロック)は、育ったニューヨークの古い公民館の保全活動にも積極的だったが、優秀な弁護士を探していた不動産企業のCEOであるジョージ(ヒュー・グラント)に公民館の取り壊し計画を中止することを条件に雇われることになった。
ハンサムだが女好きで優柔不断なジョージと正義感の強いルーシーはことあるごとに対立し、とうとうルーシーはジョージに自ら退職を申し出る。
題名の意味は「退職通知」で、普通は雇い主から出すものだが今回は社員から出すところが互いの力関係をよく表している。対立しながらも徐々に惹かれあっていき最後は、というのもラブコメディの定番だが男性度40%(?)のサンドラ・ブロックと女性度40%のヒュ・ーグラントの個性がうまくかみ合って楽しめる映画になっている。てきぱきと気の利いたセリフの応酬もニューヨークが舞台であることを実感させてくれる。
15年前の映画だが途中で現大統領のドナルド・トランプが出てきたのにはビックリ。大物ビジネスマンとしての貫録はさすがだ。私を含めてサンドラ・ブロックのファンにお勧めだがヒュー・グラントも嫌みのないハンサムぶりは女性ファンにも受けるだろう。
 


 
再開発が進む大阪駅北側。
右はグランフロント、左は外国人観光客にも大人気のスカイビル。
 
Umedakita

| | Comments (0)

August 27, 2017

ヘンデル 「水上の音楽」

NML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)から。
ネヴィル・マリナーの指揮、アカデミー室内管弦楽団の演奏。1979年の録音。
どうやら大阪では暑さも峠を越えたようで朝夕はかなり涼しくなり、セミの声もほぼゼロになりました。暑いときに聴こうと思っていたこの曲ですが涼しくなっても名曲には違いありません。テムズ川の船の上で演奏されたという由来なので大編成ではなく小さめの編成を探したら第3組曲まであるこの演奏を見つけました。オケも指揮者もイギリス製だし節度を持ったマリナーの指揮はこの曲にドンピシャといっていいでしょう。
 

大阪は淀屋橋から見る土佐堀川。左に見える建物は大阪市役所です。

Tosaborigawa

| | Comments (0)

August 26, 2017

スイカボックス

最近スイカが安く出回るようになったのでよくデザートに食べるのですが1./4とか1/8サイズに切っても冷蔵庫の中では結構邪魔な存在ではあります。
食べる時も、マナーの悪い私には手ごわい存在でありまして結局奥さんに頼んで小さく切って大きめのタッパーに入れてもらうことにしました。
こうしておけばちょっと食べたい時につまめるので楽ちんですnote
そういえば出回り始めた梨も小さいタッパーに入れてありました。
果物のおいしい季節ですね。

EOSの18-135mmのズームレンズは優秀なのですが結構でかいので結局手軽に扱える標準ズームを程度の良い中古で格安で手に入れました。写りも十分です。 

Img_1287wm


 

| | Comments (0)

August 19, 2017

牛丼で一杯

丼物についてのエッセイを集めた本を読んでいたら、ある作家が牛丼で有名な店でビールを飲んでいるとき、昔成り行き上カンパしたことがある学生(今は勤め人)に出会い、どうしてもそのときのお礼がしたいとお酒をプレゼントされた話が載っていた。お酒というものは自分のペースで飲むものだし、もう十分飲んだころにむりやり追加されても有難迷惑なんだがなぁ、というオチにその通りと共感してしまった。
同時に、去年台湾に行ったときホテルにも近所にも手ごろなレストランが無かったのでぶらぶら歩いて見つけた吉野家で牛丼を頼み、この作家同様丼の上に乗っているお肉をつまみにして生ビールを飲んだことも思い出した。旅行中唯一といっていいよく冷えたおいしい生ビールだったが、若い(?)女性連れだったこともあって愛想のいい店員のお兄さんはジョッキ一杯になるまで丁寧に注いでくれたことも台湾に好印象を残したのだった。
 

 
Taiwan1


| | Comments (0)

August 16, 2017

外山雄三 「管弦楽のためのラプソディ」

NMLから。
岩城宏之の指揮、NHK交響楽団の演奏。
1960年ポーランドでの公演のライブ録音。
盆踊りのシーズンですがテレビのニュースなどでは最近の盆踊りでは「サザエさん」のテーマ曲やご存じ「恋ダンス」その他のポップス曲なども使われて子供や若者も楽しんでいるそうです。一方、地域の盆踊りでは相変わらず、月が~出た出ーた、などのクラシック(?)が主流で、どうやら盆踊り大会を取り仕切る何とか踊り教室の先生などの御威光が強いのだとかそうではないのだとか(笑)。ホント、いつまでも炭坑節では若者は集まりません。一度若い人に任せればもっと楽しい盆踊りになるのでは、などと思うのです。
一方、クラシックでは炭坑節や八木節などをアレンジした標題のような名曲があります。N饗が1960年に海外公演を行ったときに作曲されたもので、日本の民謡などをうまく取り入れているのと7分ほどなので特にアンコールピースとして人気があるようです。開始直後の激しい打楽器が「ガイーヌ」の「レズギンカ」によく似ていて楽しいし、例の月が~出た出~た、も出てきます。はい、もちろんコーラスはありませんよ(笑)。
 
 
Img_10671l


| | Comments (2)

August 13, 2017

知らぬ仏じゃ困る

こちら関西ではお盆は8月なんだけど東京など南関東では7月だそうです。元来旧暦の7月13日~16日(新暦では7月末~8月20日前後)だったのが明治になって新暦でも7月13日~16日を当てはめたので東京近郊ではこれに従ったけれど農作業で忙しい時期なので農家や地方は1か月遅れにしたという説が有力です。
で、仏壇の前で提灯をセットしながらふと考えたのです。大阪で亡くなり新盆を迎えたあと仏壇を持って東京へ引っ越しされたら、次の年の盆には仏様は実家へ帰れなくなるのではなかろうか。大阪で長年過ごした仏様なら8月10日を過ぎてからボチボチ帰省(?)の準備をすればいいと思っているからまさか7月に終わっていたなんて、それこそ「知らぬ仏のなんとか」状態ですよ。いや、新仏様だけでなくご先祖様にも知らせるように7月に入れば仏壇にスケジュール表を張り出す必要があるなぁなんて仏壇の前で考えていました。think
 
 
 
Img_1978l


| | Comments (0)

«お墓参り