April 18, 2018

ワーグナー 楽劇 「ラインの黄金」

ゲオルク・ショルティの指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、独唱はジョージ・ロンドン、クリステン・フラグスタートなどの豪華な顔ぶれで、現在でも十分通用する効果音満載の優秀な録音による記念碑的名盤です。合計2時間半を3枚のLPをひっくり返しながら聴き終えました。「ラインの黄金」は全4部作からなる「ニーベルンクの指輪」の前夜祭という扱いですがそれにしても長い前夜祭です。1958年という60年も前の録音ですが今でも十分優秀だと言えるでしょう。まだまだチンピラ指揮者扱いだったショルティの名を一躍有名にしたことでも有名ですね。当時は黄金細工の金梃子のリアルな音や巨大な鉄板による雷神ドンナーの一撃などが話題だったようですが、ダイナミックレンジの広いCDを聴きなれた耳にはレコードの柔らかい響きは楽劇の進行を盛り立てる楽器として聴こえ違和感はありません。このあとは「ワルキューレ」、「ジークフリート」、「神々の黄昏」とさらに長丁場が続くのですが、まあ気長に続けることにします。
LPは19枚のBOXセットでたぶん5キロくらいあります。

 
P1000552s


先週末から旅行に出ていました。いずれUPするのでご期待くださいnote


| | Comments (0)

April 11, 2018

チューリップも満開

先週は万博公園のチューリップが満開でした。
桜を写した後、ふと今年はチューリップも早いのかなと気づき、チューリップ園に行くと予想通り満開状態でした。やはりいつもの年より1週間早いです。
 
偵察がてらだったのとカメラは買ってからあまり使い方を勉強していなかったコンデジのTZ85だったのでデジ一眼に比べると少々粗っぽい写りですがよほど拡大しない限り大丈夫ですね。
いずれもクリックで大きくなります。


P10005171l


P10005351l

 
P10005421l
 
 
こちらは庭のあちこちで咲くチューリップの中でもフリンジタイプといわれるものですがバラに似て結構好きです。

これらはEOS X7iです。やはり余裕のある写りです。
 
Img_1441wl


こちらはなんとなく顔に見えるパンジー。
 
Img_1444wl

 

 

| | Comments (0)

April 08, 2018

プッチーニ オペラ 「蝶々夫人」

P1000550s

4年ぶりくらいにLPで音楽を聴きました。
カラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、ミレッラ・フレーニの蝶々さん、パヴァロッティのピンカートン、クリスタ・ルートヴィッヒのスズキなど、歌唱陣も超豪華でたぶんこのオペラの最高の演奏だと信じています。
ほったらかしにしていたレコードプレーヤーは久しぶりの始動にも文句を言わず快適に回ってくれました。最初の1面の初めで少しだけ針音が出ましたがその後はアナログらしい柔らかい音で20分から30分ごとにレコードをひっくり返すのもそう面倒に感じないまま2時間10分ほどが過ぎていきました。
オペラはあまり好きではないのですが、ウィーンフィルの麗しい音色とフレーニの柔らかい声を聴いているだけで幸せになります。「ある晴れた日もいいのですが、子供を手放すことになった彼女が自害を覚悟して静かに別れを口ずさむ場面と子供が駆けてきたときにそれまでの静かな決意をかなぐり捨てて張り裂けんばかりの悲しみで歌うあたりでやはり涙が出ます。
うーん、これだけの音が聴けるなら少々の手間をかける価値はありますね。もっともレコードで残っているのは50枚くらいですが。
 

| | Comments (2)

April 04, 2018

クライスラー/ラフマニノフ編「愛の悲しみ」

NMLから。フィリップ・フォークのピアノで。
テレビで放映されていた映画の中で使われたもの。コンサート会場でヴァイオリン奏者が事故で出場できなかったため伴奏者であるピアニストが即興で同じ曲のピアノ編曲版を弾き、喝さいを浴びるというシーンがとても印象的だった。ずっとピアノが弾けなくなっていた男が魅力的なヴァイオリン奏者の彼女を支えようと必死で弾き続けるところも率直にいいなと思う。ほのかな恋心というものをストレートな言葉でなく音楽で伝え合うみたいなコンセプトがステキな映画だ。原作はコミックだけど魅力的な若いキャストの映画もいい。というかラフマニノフの編曲版があるのをこの映画で知ったのは大きな収穫。
ヴァイオリンの甘い音色の代わりに控えめなピアノでの演奏だが鍵盤を目いっぱい使ったスケールの大きい編曲はさすがラフマニノフだ。最後のアンコールピース用にぴったりかも。
 
 
庭の花もチューリップが咲き出してほぼフルメンバーです。
EOS X7i 18~55mmで。
このズームはコンパクトで常用にぴったり。クリック→大
 
Img_1404l

| | Comments (0)

April 01, 2018

さくらが満開

先週の急激な暖かさで万博公園の桜が一気に開花しましたcherryblossom
仕事どころではないので休暇届を出して(笑)カメラを持って駆けつけました。 

太陽の塔のすぐ後ろの通りは東大路と名付けられ桜の名所です。
どの写真もクリックで大きくなります。
 
Img_1379wl
 

太陽を背にしてはめったにシャッターを切らないけれど桜と太陽の塔を一緒に写すにはまあこのアングルですねcamera。 

Img_1392wl

 
135mmの望遠ズームは重いけれどこういうUPのときにありがたい。
 
Img_1375wl

| | Comments (0)

March 28, 2018

EOSカメラのファームウェア更新

長年愛用しているCanonのデジカメ用のソフトウェアはときどき更新しているのですが更新情報にデジ一眼のファームウェアの更新情報がありました。5倍ズームレンズのデータ補正用のソフトなのですが本体のファームウェアの更新は自信がなくそのままにしていたのです。先日、ダメなら梅田のサービスセンターに行けばいいやと、思い切って実行してみました。まず空のSDに更新ファイルをダウンロードしてからカメラに入れ、電源を入れるとPCのCanon取り込み用のソフトが立ち上がるので「リモートで更新」というメニュー選んで3分ほど待って無事に完了しました。あっけなく終わったのでほっと一息ですhappy01
まあ、一度やれば次の更新も大丈夫だと自信がつきましたnote
 
 
毎日初夏のようなお天気ですが庭の花も満開状態です。
 
Img_1361wl
 

Img_1363wl


チューリップも咲き出しました。1週間早いですね。

Img_1365wl


| | Comments (0)

March 25, 2018

モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調 k.622

NMLから。アルフレッド・プリンツの独奏、カール・ベームの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。モーツァルトの中でも超の付く名曲なのでたくさんの名演奏がありますが私が選ぶのはやはりこれ。柔らかい音色のクラリネットを同じようにソフトに包み込むオーケストラといつもの厳しさは影を潜めたベームのサポートでまさしく天国に遊ぶがごとくの気分にいざなってくれますnote

日ごとに暖かさが増していますが毎年この時期なんとなくすっきりしないので休日でも家でゴロゴロしています。というか車で外に出ると万博公園やEXPOCITYに向かう車の混雑でひどい目に合うのです。

2年半使ったスマホのバッテリーがかなりへたっていたので特売セールのスマホをゲットしたのですがLINEの設定を完全に移せず、お友達から姪っ子が消えてしまいました。結局電話でお願いして再登録できました。萩育ちのおっとりした姪っ子としゃべると娘のいない私はホントに癒されます。とはいえ3人の男の子のママとしてよく頑張っているようです。いや、山口女の常として旦那にはメチャ厳しいといううわさも(笑)。
 
 
Img_2729wl

 

Img_2742wl


| | Comments (2)

March 22, 2018

いろいろと

先週から少し忙しくしています。
来月の旅行の準備と仲間の集まりで予約作業をたくさんしました。
今年2月から開始した第2プロジェクトが思うようにはかどらないのが悩ましいのですがまあ仕方ないかなhappy01
万博公園では太陽の塔の内部公開が始まりましたがすでに7月末まで予約でいっぱいです。個人だけでなく学校などの団体や旅行会社などが抑えるのでやむを得ないですね。中に入ると太陽の塔の顔の高さ(25メートル)まで階段で登れるそうですが高所恐怖症の私には無理です。まあほとぼりが冷めるまで待つことにします。そういえばEXPOCITYのオオサカホイールも2年近く経つけど結局乗ってないし。近場で毎日のように見ていていつでも行けると思うとそのうち忘れるものです。


 
桜が咲くまでは少しあるので一杯撮った梅の写真をチビチビ開示します。
 
Img_2754l


梅園にはちょっと粋な仕掛けもあります。

Img_2807l
 

Img_2653m


白梅は結構写しにくいのですがそのうちの1枚。

Img_2816l


| | Comments (0)

March 16, 2018

コレッリ合奏協奏曲 op.6-7 ニ長調

イタリア合奏団の演奏。久しぶりのCDです。
1989年にイタリアのコンタリーニ宮殿で録音されたヴィヴァルディの合奏協奏曲集とともに優秀録音として有名ですがもちろん演奏も素晴らしいのですnote
春めいたというより初夏みたいな陽気が続く昨今、落ち着いてこういう音楽を聴く至福の時間がホント幸せです。私の部屋のスピーカーはB&Wがメインですが7年ほど前に買ったOnkyoの小型スピーカーの位置を少しアレンジしたら幾分うるさかった高音がうまく抑えられ聴きやすくなりました。こういった小編成にはぴったりですね。


 
万博公園の北側、旧ソ連館辺りの小彼岸桜が咲き出しました。
ソメイヨシノのような豪華さはありませんが山桜っぽい素朴さが大好きです。
花言葉は精神美とか。あやかりましょう。happy01 
クリック→大
 

Img_2775l


| | Comments (0)

March 11, 2018

梅尽くし

万博公園の梅園が七分咲きになりました。
梅園のシンボルでもある枝垂れ梅も見ごろになったので大勢のカメラマンが押しかけていたのでその間に入って人を入れずに写すのはかなりの苦労を伴いますcamera
 
これは先週写したもの。EOS M2 15~45mmで。
すべてクリックで大きくなります。
 
Img_2661wl


 
Img_2687wl


今週は枝垂れがメインです。
 
Img_2699l


 
Img_2723l

 

枝垂れ梅の中からカメラを上に向けて撮影。ほぼノーファインダー撮影。
 
Img_2740l


梅の写真だけで100ショット以上あるのでまたボチボチと載せます。

 


| | Comments (0)

March 07, 2018

弓弦羽神社

冬季オリンピックで連続の金メダルを取った羽生選手の名前に近いということで参拝者が急増している神戸の弓弦羽(ゆずるは)神社に行きました。参拝者だけでなく羽生選手も度々参拝に来ているそうですヨ。大阪からだと梅田から阪急電車の神戸線に20分ほど乗り、御影駅で降りて西に7分ほど歩けば到着します。家からは1時間ほどで行けました。若いころから馴染みの場所なのでそばにあるこ香雪美術館は知っていましたがこの神社の存在はまったく知らなかったですcoldsweats01
阪急神戸沿線の芦屋川、岡本、御影という駅は住宅街なので駅前はすっきりしています。しばらく西に歩いたら右側にそれらしい神社がありました。

脇道から入ったようで鳥居をくぐっていなかった。think
どの写真もクリックで大きくなります。
 
P1000461l


ちゃんと手水場で手と口を浄めてから境内に入りました。
神社の後ろにマンションが見えますがその後ろはもう六甲山です。この辺りのマンションは大阪湾も六甲山も一望できる絶好のロケーションなのでお値段もそれなりみたいです。
 
P1000463l
 

弓弦羽神社は神功皇后などにも縁のある由緒ある神社なので端正な造りです。
ちなみに後ろの六甲山は、神功皇后が当初弓弦羽嶽と名付けられたとか。また、この地の南、阪神電車の御影駅の近くの澤の泉にお姿を写されたのでここを御影と称したとか、この辺り(東灘区、灘区)には古い逸話にまつわる塚や古墳が多くあります。
 
P1000464l
 

P1000470l


神社の左にあるお札場。2/3は羽生選手に関するもので残りの多くは大学や高校の受験に関するものです。
 
P1000466l
 
P1000468l


奥に回るとまだまだこんなにたくさんありました。
 
P1000469l
 
帰り道、神社の石垣には「猪に餌をあげないでください」という注意書きがたくさんありました。小さいときは可愛いので餌付けをすると大きくなってからは人を襲ったりするのです。神戸でも六甲山のふもとのこの辺りではいろんな動物が現れます。


 

| | Comments (0)

March 06, 2018

待ちぼうけ

我が家はマンションですが庭があるので小鳥がよく遊びに来ます。
遊びに来るだけでなく庭のセンリョウの実をおやつにしているようです。
あるとき、リビングの出窓にセンリョウを飾っていたらたまたま開けていた外窓の枠に少し大きな小鳥がとまり、しばらくためらってから中に入りセンリョウをついばんだのです。おなかが減っていたのでしょうね。
ちょうどリビングにいた私たちは息をひそめて成り行きを見ていたのですが小鳥が飛び去ってからも昼間は毎日のように外窓を少しだけ開けるようになりました。リビングの出窓は二重構造になっていて外窓と内窓があるので内窓を閉めておけば寒さも防げるのです。
しかし、それ以来待ち人ならぬ待ち鳥は来ていません。スズメより大きくハトより小さいのですが名前は分かりませんcoldsweats01。街中の小鳥は口が肥えているようでパンくず程度では寄り付かず新鮮な植物の身を好むようで仲良くなるのも一苦労です。
 
 
P1000459l

| | Comments (0)

March 03, 2018

ラヴェル 「道化師の朝の歌」

NMLから。ジャン・マルティノンの指揮パリ管弦楽団の演奏。
大好きな曲なのでリズムの処理と管楽器の音色に少々のこだわりがあり、そういう意味では最高の演奏の一つだと思います。個人的にもマルティノンが大好きなので彼がパリ管のすばらしさを最高に引き出したこの演奏は何の文句もありません。NMLのこのアルバムにはラヴェルの代表的な管弦楽曲がたくさん収められていて録音もいいのでずっと流して聴いています。
 
 

万博公園の梅林では梅が五分咲きになりました。
EOS M2で。 クリック→大。
 
Img_2674wl


| | Comments (0)

February 28, 2018

おつかれさま! そして ありがとう!

冬季オリンピックが終わりました。
開始当初はややこしい国際政治の介入みたいなこともありほとんど関心はなかったのですがモーグルで原選手が日本最初の銅メダルを取ってから雰囲気が明るくなった感じです。そして小平選手や高木姉妹のメダル獲得そして終盤のカーリング選手たちの明るい戦い(?)の結果のメダル獲得で国中が喜びに沸きたち楽しいオリンピックだったという思いだけが残ったことは本当にうれしく思います。特にカーリングの最終戦では夫婦で最後まで応援したのですが藤沢選手が最後のストーンを投げたとき、思わず「こんなに健気に頑張る選手たちをどうか勝たせてください」と祈っていました。投げ終わってからのストーンの位置を見て、負けたと思ったのですがイギリス側がミスに近いショットをして勝ったときは夫婦で「やったー」と小さく叫んだほどでしたgood
日本の北のはずれにある北見市の人口5000人ほどの小さな町からメダルチームが出たことは本当にうれしいことですし立派な屋内カーリング場があることは常呂町や北見市の見識の高さを表していると思います。また、0からチームを立ち上げここまで育て上げた本橋リーダーも本当に立派だと思います。
ただ、帰国した直後で疲れているメンバーにスタジオの大きな氷を力いっぱいスイープさせたり話題になった「そだねー」ばっかり言わせたりするメディアの人間は何を考えているのでしょうか。メダリストと言わずオリンピックに出る選手は常人の考えられないほどの訓練をしているのです。メダリストには日本人として心からの感謝とねぎらいの言葉をかけるべきだと思いませんか?

「そだねー」


万博公園の梅園でもやっと梅が咲きだしました。
 
EOS X7i で クリック→ 大

Img_1339wl


| | Comments (0)

February 25, 2018

ドビュッシー/アンセルメ編 「6つの古代の墓碑銘」

NMLから。山田和樹指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏。
2015年の録音なので山田氏がスイスロマンドの首席客演指揮者の時だと思われますが若干36歳という若さで名門オーケストラを見事に統率しているのは昔の小澤さんを思い出しますね。曲は大変珍しいものでオリエンタルな曲調はいささか日本的でもありますがこのオーケストラの管楽器の美しい音色を堪能できるものでアンセルメが編曲した理由がよく分かります。
 
 
 
珍しい土佐の文旦。リンゴより大きいのですが皮が2/3を占めているので中身は少しだけです。幾分苦味はありますが私は好きですね。たくさんある皮の部分は表面を剥いてから砂糖漬けにしました。要するにザボン漬けです。
 
Img_1321l
 

中身はこれだけ。
 
Img_1323l


 

 

| | Comments (0)

«恩田 陸 「蜜蜂と遠雷」